単細胞生活

雪まつり

b0066130_9445019.jpg

真駒内会場の滑り台です。すっごく混んでます。
この滑り台、ものすごく滑ります。大人なんか加速度がついて、最後のところで前からつんのめっている女性もいました。小さい子が滑り終えた途端泣いているのも見ましたよ。





毎年きていましたが、真駒内会場は今年でおしまい。
そのためか、「自衛隊でやっている」ってことが殊更に強調されている感じでした。
「自衛隊ラッパ隊演奏」とか「自衛隊グッズ販売」^^;とか。
自衛隊グッズは人気がありました。
「炎の作戦」というダンゴは買ってみなかったけどヨモギ団子の中に唐辛子が入っているようで、ちょっと興味がありました。
アーミー柄のTシャツやリュックや手袋などがけっこうお買い得な値段で売られていて、
そこは大盛況と言った感じです。

子供の頃、この真駒内会場の近所に住んでいて、クラスメイトの7割方は自衛隊のおうちの子供(我家は残りの3割でしたが)。普段は鉄条網ごしに装甲車が走っているような物々しいところで、ありんこ一匹すんなりは入っていけないような陸上自衛隊真駒内駐屯地。でもこのお祭りの期間だけは開放してくれて、子供心にそれが嬉しかった気もします。この大雪像を作っただけでも「すごい!」って思うのに、滑り台の列の整頓や滑ってきた人のフォロー、迷子の世話からとにかく何から何まで、寒さを微塵も感じさせないような軽快な働きぶりで超尊敬モノです。駅の近くで交通整理をしていたおまわりさんが寒そうにしながらやっていたのに比べると(いやもう、ホントに寒いんですから仕方ないんです)、ものすごく頼もしい印象を受けました。
そんな自衛隊も今年で雪まつりから完全撤退するんでしょうか?本来の仕事とは違ってますから仕方ないんでしょうね。小泉さんが昨日・一昨日と雪まつりを視察にきて、自衛隊を慰労していましたが、どう思ったんでしょうか?
なんか今日は話題が堅いほうに反れてしまいましたね。
[PR]
by dayu2004 | 2005-02-12 09:44 | 家族
<< ごくせん オーシャンズ12 >>