単細胞生活

ごくせん

昨日になって前日にやっていた「ごくせん」の録画を見ました。

タケの役をやっている男の子がほれた相手は女子高生の役の若槻千夏ちゃん。
歯に衣着せぬ言動でバラエティで人気の若槻。
去年のめちゃいけの特番でNO.1のバカまんになったり、昨日の常識クイズでも「え?」っていう解答があったり。面白くて家族でファンなんですけど。
それで「ごくせん」に出ちゃうと、○○ちゃんていう名前の役の女の子じゃなくて若槻だとしか思えない。演技が上手いかどうかはわからない(最近ホントにわからない^^;)けど、最終的に雰囲気を出していて頑張っていたとは思いますが、制服姿に目が慣れるのには時間がかかりました。

あれ?こんな話どっかで聞いたことない?



去年の「新選組!」の香取慎吾君の演技の話。
あちこちの掲示板なんかでよく見かけた言葉、「シンゴママの香取くんがどう頑張ってもシンゴママにしか見えない。」っていうおじさまの意見。
バラエティで露出の多い人っていうのは、それしか見ていない人にはどうしてもそのイメージが強くなっちゃうのかな。若槻に対して思った気持ちと同じかも。
でもね、確かに最初は慣れなくて変な気持ちなんだけど、そのうちそんなの関係なくなっちゃうんだよね。だからシンゴのせいでコントにしか見えない、って怒るのはおかしな話ですよね。それは個人のテレビの嗜好の問題だけの話なんだから。

松下ゆきがトーク番組で言ってましたけど。「大奥」のときも「ココリコミラクル」のときも基本は同じだって。媒体が時代劇だろうがコントだろうが、役を演じる上では意識は何も変わらない、って。それがプロなんだろうな。ココリコミラクルでの松下ゆきは確かに春日様にひけをとらないすさまじさがあります。

話は戻って「ごくせん」、最後は若槻はちゃんと○○ちゃん役の高校生にしか見えなくなっていました。但し名前が覚えられなかった。娘たちも最後まで「『若槻』も一緒に走ってるよー。」って言ってました。
[PR]
by dayu2004 | 2005-02-14 09:12 | テレビ・映画
<< バレンタインのケーキ 雪まつり >>