単細胞生活

エロイカより愛をこめて




新巻が出たばかり。31巻は番外編だそうです。
まだ読んでいませんが早く読みたい!

「エロイカより愛をこめて」は少女マンガとは思えない欧州のスパイの話で絵も劇画タッチ。
初期の頃はまだ主人公の二人も美しい感じだったのですが、今やおじさん臭さを全面に出してます。でもまたそこがいいんですよね~。
テレ東の「テレビチャンピオン」の少女マンガ王選手権にマジで応募しようかと思ったこともあるほど実は少女マンガ好きの私。4人姉妹の利を生かしてものすごくたくさんの少女マンガを読んできましたが、その中でもいちばん面白いと言っても過言ではありません。未読の方は一度お試しあれ。

ちなみに面白いと思った少女マンガは順不同で以下の通り。といっても思いつくものだけ。
既出ですが最近のものでは「BASARA」、「百鬼夜行抄」、「時の地平線」、
更に「陰陽師」(岡野京子)、
一昔前なら「グランローヴァ物語」「辺境警備」(紫堂恭子)、
もう少し前なら「机をステージに」「ホットロード」(紡木たく)、「愛してナイト」(多田かおる)、
結構前だと「摩利と新吾」「夢の碑」(木原敏江)、「イズァローン伝説」(竹宮恵子)、「スターレット」「トーマの心臓」(萩尾望都)・・・。
まだまだたくさんあるのですが、すぐには出てこないなあ。少年マンガもいろいろ好きなものがあります。また急に思い出したら書いちゃうかも。
[PR]
by dayu2004 | 2005-02-17 20:22 | 読書
<< 大好きなもの 「ラパン」inサッポロ >>