単細胞生活

ドラえもんの声が!

大山のぶよさん他主要キャラの声、一昨日で終わりだったようで。
我家はアニメは「ドラえもん」しか見てないので、思い入れもひとしおです。

で、そのあとの「報道ステーション」で新しいドラえもんの声を初披露してました。
「笑金」見てて夜更かしした娘も、その声を確認するために一度入ったベッドから這い出てきました。
10時20分ころ、
「はーい、僕がドラえもんでーす!」
と登場したあんまり可愛くないドラえもん(絵まで変わったようです)はちょっとハスキーで甲高い声。

いやー!!
と絶叫する娘。
「こんなドラえもんいやー!!絶対見ないー!ひどいー!!」
と号泣しながらそのまままたベッドに入る娘。

最初は同情しましたが、あまりにしつこく騒いでいるので、
しまいには夫婦で「うるさい!!早くねろ!!」と怒鳴りつけました。
それでも11時くらいまで布団の中でシクシク泣いてたみたいです。
「まだ泣いてるよ。」と居間で呆れる私たち夫婦。
うるさくないなら勝手に泣いてて。(冷たい?)

でも、実際にこういう子供は多いかも。
ドラえもん世代?の我々にも違和感ありすぎです。
長くやってて、やっと最近世界的にも認知され始めたというドラえもんなのに。
新しいドラえもんがどんなによくても、違和感があって見なくなっちゃう人は多いと思いますよ。
娘の言葉を借りるなら「あんなのはドラえもんじゃない!」ってね。
今回のことは絶対失敗だと思うんだけど。

でも実は大山のぶよさんがやるずっと前に違うドラえもんのアニメもありましたよね。
なんかすぐ終わっちゃった気もするけど。
やっぱドラえもんの人気の原因は大山のぶよさんの声にあったと思うんですよね。
[PR]
by dayu2004 | 2005-03-20 13:00 | テレビ・映画
<< 長女の特技 一のおまけ >>