単細胞生活

セミ、その後。

b0066130_1233891.jpg


土曜日の朝、森の中に放してきました。
朝になるとさすがにセミらしくなったので、虫かごに入れて車で30分くらいの入ったら迷っちゃうような森の道路わきの木にとまらせました。
全然とばないけど大丈夫だったのかな?
元気にしていると信じてとびたつのを見ないで出発しました。

ピヨ子は手の中のセミに、「ちゃんとごはん食べるんだよ。友達見つけるんだよ。」
なんて言い聞かせていました。
「ほら飛びなさい!」と言っても飛んでいかないんで、ちょっと名残惜しそうに木にとまらせてやっていました。
私は撮影に夢中。
夫はこの木がいい、あの木はダメだ、と木を物色中。
ウサ子はずっと黙っています。

セミを放し、家族で車に乗り込み出発しました。
ピヨ子は窓を開けて(と言っても10センチくらいしか開かないけど)、
「セサミ(いつのまにか名づけられていた^^;)ちゃーん。元気でねー。」と大声で叫びます。
「ばいばーい!ああお別れしちゃった。」とあっけらかん。
ピヨ子はそのあと座席にきちんと座りなおし、隣に座るウサ子に話し掛けようとして、
「あれ、ウサ子泣いてるよ~!」と無神経な声を出しました。

ウサ子は黙って泣いていました。
睡眠時間を覗けばほんと数時間のおつきあいのセミとのお別れ。
「こわいこわい」と言ってあんまり近くには寄らないし、一度も触ってもみなかったのに。
なのにお別れするのが悲しくて悲しくて。
どうしてこうも対照的な姉妹なんでしょう・・・。



b0066130_12475219.jpg

羽化前の幼虫(さなぎ?)のとき

b0066130_12485127.jpg

羽化してる最中。こんな反り返ってもおちません。
すごい!!
[PR]
by dayu2004 | 2005-07-25 12:49 | 日常
<< イマドキじゃない セミが家の中で!? >>