単細胞生活

37.8℃

微熱ですか?高熱ですか?

ウサ子の体温です、ただいまずっとこんな感じ。
どうやら急に寒くなってきたので、アレルギー性鼻炎が出てきたらしい。
これ、放っておくと、必ず喘息の発作を起こします。
1年に1度の恒例行事、喘息の発作で夜中までやってる小児科に走ること。

今年はやっぱり暑いらしくて、毎年は8月の夏休み中になるのに少し遅い。
休み中なら別に夜だろうが、明け方だろうが、いくらでも車飛ばすんです。
休み明けても、私も大抵ヒマにしてるんで学校も休んでくれて全然構わないんですけどね。

でも今年は暑いってだけじゃなく、私が忙しい。
もうすぐ学校で先生を呼んで講演会をします。その責任者になっちゃた私(しかもクジで)。
アポ取ったり、先生に会いに行ったり、アンケート取って資料作ったり、
会の進行考えたり、セッティングしたり、校長に挨拶お願いしたりと色々と仕事はあるわけですが、まあ細かいことなんかは他の人がやってくれるとしても、大まかな流れとかは私の仕事なんですね。
やればやるほど仕事が出てくる。
しかも人前で喋ったり、人に仕事をふったり、それをまとめたりするのは大の苦手だということが改めてよくわかったんです。
一度にいろんなこともできないし。己の能力のなさを痛感したわけね。
縁の下的仕事ならいくらでもします。パソコンでなんか作ったりするのは全然苦じゃありません。

でもやらなくちゃ。人に仕事をふるよう役割分担しなくっちゃ。
役割分担をする大事な会議のあるその日の朝、起きて来たウサ子を見て愕然。
鼻水を大量に出して、胸もひゅーひゅー言ってるんです。
体温は37.8℃。
平熱の低い(35.5℃前後)私なら死んでますが、ウサ子の平熱は37.2℃。
う、微妙だ。
38℃ならさすがに即病院ですが、37.6℃でもインフルエンザの予防接種したウサ子ですよ。

悩みます。このまま放っておけば確実に夜に発作が起きるでしょう。
その前に5時間目の体育で発作を起こすかもしれません。
かといって、ここで会議を休んでしまっては集まってくれたみんながすることがない。
それどころか、ふるはずの仕事を全て一人でやらなくちゃならないかもしれません。
もう一回会議を改めてするヒマも場所もありません。今日しかないのだ!!





私のない頭がフル稼働です。会議は9時半から。
病院は9時から12時まで。ウサ子は8時登校10時20分から中休み。
先生に「10時20分の中休みに迎えに行きます。」と連絡帳に書いて、ウサ子を送り出します。
なんかゼイゼイ言いかけてるけど、まだ大丈夫です。ゆっくり歩いていけばよし。
学校に着いたら大人しくしているように言いつけました。
私は病院に行く用意と、いつも以上に会議の準備を万端にして同じく学校にレッツゴー。
9時半から、いつもなら和やかに世間話したり、笑いをとったりしながら進めるはずの会議も、
とにかく自分の言いたいことだけ言い放ってパキパキと仕事の話を進める私。
時間がきたら「それじゃ、子どもを病院に連れて行きますんで。」と荷物を片付け始めました。
「あとはよろしくお願いします。」と言い残すと、ウサ子の教室に直行しました。
あっけにとられて呆然としているみんなを残して。

ウサ子の教室では中休みなのにおかしな光景が。
子どもたちが大人しくしてます。
おしゃべりしたり、絵を描いたり、これが2年生の子供か!!?ってくらいみな物静か。
ウサ子はニコニコ笑って小声で「待ってたよ~。」
みんな静かに私を見つめます。
先生は「今日はみんな具合が悪くておとなしいんです。休んでいる子もたくさんいて。」
そうなのね。
それにしてもおとなしすぎやしないですか?いまどきの子どもってこんなもの?
クラスのほとんどが教室で大人しく遊んでいる姿(読書している子どももたくさんいた)ってある意味奇妙キテレツです。

ウサ子を連れて玄関を出た私。子どもが数人玄関前で遊んでいるのが見えました。
ピヨ子でした。縄跳びをしてました。「お嬢さんおはいんなさい。」みたいなのをしてました。
ゲラゲラ笑ってました。みんな超がつくほど元気でした。
「あ、おかあさ~ん!」と絶叫するピヨ子。
ピヨ子の友達は「ウサ子、どうしたのー!?」「帰るのー!?」とキャピキャピ。
普通の子供だ。昔ながらの。
なんか、友達まで違うのか?この二人・・・。

というわけでそのままウサ子を病院に連れて行きました。
「なんかウサ子、元気かも。なおったかも。」と言ってるし、さっきの教室の様子見てたらウサ子なんて元気そうな方じゃないですか。
で、体温測ってみたら・・・。

38.3℃。

あれ?^^;
[PR]
by dayu2004 | 2005-09-14 23:04 | 家族
<< 日本ハムVS楽天 キタグニジョー >>