単細胞生活

痛い痛い

性格はズボラですが、正反対に体はとってもデリケートな私。
ここ一週間頭が痛くてひどいんですが、それはいつもの片頭痛ではなく、肩こりからくるもの。
パソコンの液晶を替えてからみたいで、昨日それを訴えて元のに戻してもらったらスグ治りました。
デリケートというのか、単純にできているのか・・・。

仕事をバリバリしているときのこと。
週に2回くらい飲みにいきました。確かにそのときどきはかなりハードに飲みました。
記憶がなくなったり、ゲロゲロ吐いたりするくらい。
ガンガン食べてガンガン飲む。
でもあとの5日は一滴もアルコールを飲んでません。
なのに、すい臓がすぐに悲鳴をあげました。
「これは大酒飲みのすい臓です。毎日あびるくらい飲んでる人の。」
治療中の悲しい思い出(泣いちゃうくらいの食事制限)のためか、それ以来かなり自粛してます。
(自粛してそれ?とか言わないように・・・)

大学時代、バンド活動していたときのこと。
学校祭のライブがあって、毎日ものすごく練習してました。
所属する軽音楽部にキーボード担当は当時は私一人だけ。
(入部した時はたくさんいたのに、みんな性格の不一致でやめちゃって、一番ヘタな私だけ残った)
3つも4つも掛け持ちしてました。1バンド5曲くらいとしたら、20曲くらい。
大学内の練習場にずっといてとにかくキーボード弾きまくる私。
大したことができないので、気持ち的にはそんなに負担に思いません。
でもその間ずうっと立ちっぱなし。
ライブ当日から下っ腹がすごく痛い。熱も出てるし、なぜ?
結果は卵管炎という病気。体重が卵管にかかって炎症をおこしただけでした。
確かに弾いてるときって、お腹に力が入るのよね。
ヤワな体になんだか悲しくなりましたよ。

中学生のときバドミントン部に入部すればすぐに腱鞘炎になり、
社会に入ってパソコンばっかりやってたらすぐに視力が悪くなり、
大人になって子どもからうつっておたふく風邪をひいたら、薬のせいで胃潰瘍になる。

まあ、このデリケートな体のおかげで無理はできないようになってます。
それが救いというか、情けないというか・・・。
[PR]
by dayu2004 | 2005-10-09 22:34 | 日常
<< 「ガラスの仮面」 トラブルメーカー >>