単細胞生活

20Q

b0066130_9204214.jpg
バンダイの「20Q」という玩具を知ってますか?
アメリカで大ブレイクした人工知能型携帯用玩具だそうです。




先週末映画を見たときトイザラスに寄ったんですけど、
そのとき子どもよりも私がはまっちゃったものなんです。


これ、直径10cmくらいの小さいものなんですが、
真ん中の表示版に文字が出て、周囲のボタンで「はい・いいえ」って答えるものなんですね。



まず、頭に何かを思い浮かべてください。
もの(固有名詞や地名は除く)ですね。
たとえば「ケータイ電話」とか「ネズミ」とか「えんぴつ」とか「ビール」とか。


じゃあね、「ビール」にしてみますか。玩具なのにいいのかね。


スタートすると、20Qがそのモノについて、いろいろと質問してきます。
それについて正直に答えることだけがルールです。
最初の質問は決まっていて、「ソレハ イキモノ?」「ショクブツ?」「コウブツ(鉱物)?」「ソノタ?」と聞かれます。
ビールは生き物でも植物でも(原料は植物ですが)鉱物でもないので、そこは「イイエ」のボタンを押し、「ソノタ?」のところで「ハイ」のボタンを押します。

その後、20問目まで質問が続きます。

「クチニ イレル モノデスカ?」
「イロハ ミドリ カ クロデスカ?」
「トウメイ デスカ?」
「アツイ モノデスカ?」


変な質問もあります。

「アヒル ヨリモ オモイモノデスカ?」
「ソファ ヨリモ オオキイデスカ?」
「キョウシツデ ミツケル コトガデキマスカ?」


わからないときは「ワカラナイ」のボタン、
どちらとも言えないときやときどきそういうのもあるってときは「トキドキ」ボダンを押します。

正味5分、この玩具の質問に答えると、こいつは途中途中で、
「コンラン シテキタ」とか、「アンタ ナニ カンガエテルノ!?」ってぼやいたりします。


こんな質問では絶対にわからないと思う。
核心をついているような質問はほとんどないし、最後の方になると全く見当外れのこと聞いたりしてきます。
「1トン ヨリモ オモイデスカ?」とかね「ソレハ クウチュウデ ミツケルコトガデキマスカ」とか。
お前アホだろ、ってツッコミ入れまくりです。


そして20問目が終わると。

「ワカッタ!」とか「フムフム カンガエチュウ」とかワンクッション置いて、



「コタエハ ビールデスネ?」



なんでわかった??


すごーくビックリします。


でも20問やってもやっぱり間違ってることがあります。
そうするとあと5問追加。
25問目の質問で答えが合ってる確率は今のところ8割くらいでしょうか。

「ピラミッド」や「ヒトデ」や「モモンガ」って考えてもわかっちゃったんだからスゴイでしょ?
でも「ボールペン」とか「タイヤ」は失敗したんだよね。


大人がはまる玩具です。
これで定価2100円。
高いと思うか安いと思うか。

この製品の制作秘話がコチラのニュースに書いてあります。興味深いよ!
[PR]
by dayu2004 | 2005-12-05 09:58 | 日常
<< 育ちすぎ? 「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」 >>