単細胞生活

蟲師

b0066130_236834.jpg


ぷ~さんの息子さんが将来なるであろう職業。

あ、ムシ違いか。
ぷ~さんとこのおぼっちゃんは虫キング(笑)。
こっちは蟲という名の、下等で原始的な生物です。


本屋で並んでいるのを見て、気になってはいました。
きっと私の好みなんだろうな、って。
でもどうしよう、何の情報もないし。
そう思って手にとっては戻し、の数ヶ月。


そんな折、レッドさんのブログにて、「蟲師」のアニメを見たという情報をゲット。
どんなお話かを聞かせていただき、これは読むっきゃないな、と本屋へダッシュしたわけです。


で、読んで、大正解!
これもうほんっとに大好き!

しかもね、映画になるんだそうですよ、あの「AKIRA」の大友克宏監督で。


そしてなんと、
主人公のギンコはオダギリジョー。




それを先に聞いちゃったせいか、イヤでも雰囲気が激似のせいか、
最初に登場した瞬間からギンコはオダギリジョーにしか見えません。
セリフが全部ジョーくんの声で頭に入ってくる。


至福♡



下等生物、いろんな姿をしいろんな性質を持っている「蟲」。
それに取り付かれる人間と、それをはらうのが仕事の蟲師ギンコの物語。
江戸時代と明治時代の間くらい、と作者が言うように、時代設定もなんとなく昔って感じの曖昧さがまたたまらない。

まだ2巻までしか買っていませんが、じわじわと購入する予定です。
「百鬼夜行抄」とか「陰陽師」とかが好きな人にはきっとお好きだと思います。
[PR]
by dayu2004 | 2005-12-07 23:23 | 読書
<< 今年のドラマ 育ちすぎ? >>