単細胞生活

2005年 02月 22日 ( 2 )

恥ずかしい失敗談その2

若い頃はDCブランドでバリっと決めて(そう言うだけで年が判るね^^;)いた私ですが、今やほぼどうでもいいという格好をしております。
そんな私が数年前、何故か紫色にはまってしまい、服装のベースは紫、バッグも安物だけどワインレッド、それに似合う赤いスニーカーやピンクのパーカーなど、毎日ちょっとヤバイ系に全身コーディネートしてました。
その日もそんなおしゃれ?をして郊外のドラッグストアにでかけました。
紙オムツやら洗剤やら安物の化粧品やらをかごいっぱいにつめレジに並びました。
あらな~に、今日はやけにたくさんの視線を感じるわ。
こんなヤバいファッション(当時はヤバいとは思ってなかったけど)でオムツを買うのが変なのかしら。
お金を払い終わって外に出て、とめた車に向かって駐車場を歩いていたとき、
すぐ後から出てきたおじさんに声をかけられました。

「おじょうさん。おしりに穴あいてるよ。

・・・。触ってみると確かに赤紫のズボンのおしりの下あたりに大きな穴があいているではないですか!!ビミョーにパンツのスソが見え隠れしているのがポイントね。

帰宅してすぐにズボンをゴミ箱に放り投げ、私の紫生活もそのまま終わりを告げたのでした。
[PR]
by dayu2004 | 2005-02-22 09:12 | 日常

恥ずかしい失敗談その1

失敗談を募集しているようなのでたくさんある失敗談の中からいろいろと紹介します。

あるとき宴会で開会の挨拶をしなくちゃならないことがありました。
正直人前で話すのは苦手です。
あたふたしながら「えー本日はみなさまお忙しい中お集まりいただきありがとうございます。」と始めます。
そこはビール園の飲み放題、食事はバイキング形式の食べ放題。
みんな食事を取りに行きたくてうずうず、話は短めに、ね。
そんなわけで簡単に今日の会の概要を説明したあと、
「・・・というわけで今日は楽しんでくださいね。では、」乾杯って言おうとしてみんなの手許を見てギョッ!
まだ誰にも飲み物が来ていないではないか!
こういうときは何て言えばいい、頭の中で脳細胞がフル活動し始めました。
で、結局口から出たことばは、「ではみなさん、いただきます。

みんなあっけにとられたのちに大爆笑。ああ和んでいただけてよかった・・・って、幼稚園児じゃないんだから。^^;
結局なんていえばベストだったんですか。っていうよりやっぱり飲み物が来てから挨拶すべきですよね・・・。
[PR]
by dayu2004 | 2005-02-22 00:55 | 日常