単細胞生活

2005年 08月 30日 ( 1 )

スティーブン・スピルバーグ

小さい頃からピンクレディだ、たのきんだ、SMAPだ、とミーハーの王道を突き進んできた私ですから、見る映画もかなり王道を行ってます。

流行った映画はレンタルでもテレビ地上波のでもいいから見ておかないと気がすまない。
これぞハリウッド映画って感じのもの、大好きです。

先日DVDで見たのは「ターミナル」。
トム・ハンクス主演、スピルバーグ監督、共演はキャサリン・ゼダジョーンズ。
去年の年末に公開されましたね。当時は多忙で見にいけなかったんでレンタルでリベンジ。






壮大なスケールをイメージして見たらいけません。
とってもチマチマしています。
感動大作とかではなく、くすくす笑いのコメディ映画です。
爆笑するところも号泣するところもありません。
狭いところ(ターミナル内)でウロウロするトム・ハンクスがとにかくチマチマしてて面白いんです。
正直言って、こういう映画は大好きです。
トム・ハンクスもやっぱりこうでなきゃって思ったわけです。

トム・ハンクスについてはまた別の機会に。
今日は監督のスピルバーグについて。
今さらマジメに語るヤツの気がしれない、なんて言わないでね。

More
[PR]
by dayu2004 | 2005-08-30 09:30 | テレビ・映画