単細胞生活

2005年 09月 20日 ( 1 )

「欲しいものがあるの。」

10歳ピヨ子が突然改まって言いました。

「お母さん、ピヨ子、バッグが欲しいの。」
「ん?何?ピアノのバッグなら買わないよ。6年生まで使う約束だよ。」
「ううん、違うの!普段お買い物とかに行くときのバッグ。」
「この前ジャスコで買ったでしょ。」
「違う!ブランドのバッグが欲しいの!?」
「ブランドって何?メゾピアノとか?やだよ、高いのに。」
「違う!あのね、手を持つところが鎖でね、生地に糸でこう、格子になってて・・・。
マークのところにCとCの反対がくっついてる・・・。」
「シャネル!?シャネルのバッグが欲しいの!?」
「シャネルって言うの?そう、あ、これ(ネットで検索して見つける)!
 可愛いよね、すっごく。ね?これ買って、お母さん。」

「・・・大人になって自分で働いて買いなさい。」

お母さんも欲しいです。いや、やっぱりいらないです。そんな金あったら旅行に行きたいし。
あれって子どもが見ても可愛いんでしょうか?

「こっちでもいいよ。このいっぱい字の書いてある・・・。」
「ヴィトンかい!」

クロエのバッグも可愛いんだそう。あとはいまいちなんだって。
どういう感性の持ち主なんだ・・・。
[PR]
by dayu2004 | 2005-09-20 09:01 | 家族