単細胞生活

2005年 09月 29日 ( 1 )

ハンゲーム

SEだった私ですが、キーボードのタイピングはかなり速いと思います。
もちろんブラインドタッチ。
手で書くのよりはもちろん速いし、会社にいたころは会議の議事録のかわりにワープロに打ち込んでいたりもしました。

当たり前ですが、上には上がいるし、「エンター部隊」と妹が命名していた入力のプロには全然敵いません、そんなレベルですが。
一般的にはちょっと速いかな、と。
毎日仕事で使っている夫よりは速いです。
いや仕事よりも私はブログに文章書きまくってるしね。

でもそのタイピングの女王の座を揺るがす存在が我家にいます。

10歳児ピヨ子のタイピングには驚きます。
教師やってる妹曰く、「うちの小学校にそんな子はいない。」
夫曰く、「オレとどっこいくらいになってきた。」
ドラマの「電車男」のネットの住人レベルです。
あのちっちゃい手でぱちぱちぱち~と軽やかにキーをたたく姿ははっきり言って気持ち悪い。

ローマ字は今学校で習ってますが、去年くらいからローマ字表を作ってパソコンの近くにぶらさげてはあります。
でもそんなの見てるの見たことないし。

「好きこそものの上手なれ。」を地で行ってるのかなと。
小さい頃からお手紙書くのが好き。
小さい頃から表を作ってならべるのが好き。
小さい頃から日記をつけるのが好き。
そんな彼女のはまったものは、ハンゲームという無料ゲームのポータルサイト。
登録料無料で会員登録(メルアドだけ必要)すると、ものすごくたくさんのゲームができます。
それだけじゃなく、会員同士でメール交換したり、公開できる日記(ブログというほどのものじゃない)もつけられます。
もちろん掲示板やチャット、サークルみたいなものなど遊ぼうと思えばいくらでもできます。
お金を出せばアバターもできます。
ピヨ子に許されているのは私がOKを出したゲーム。
ゲームも一人でできるものから、全然知らない人とできるものまで多種多彩。
全然知らない人とするゲームは、あんまりできなくても人に迷惑をかけないものに限定。
マージャンやオセロやカードゲームはダメ。
まちがい探しやビンゴなどルールの簡単なものに限ってます。
それと私とウサ子宛て限定のメールと、公開してコメントをもらっても安易によそのブログに行かないことが条件の日記の入力だけ。

最初の頃ゲームくらいしかしないだろうと油断してたら、
ゲームしながら、「私は小学4年生よ。」ってチャットしてたり、全然知らない人にメール出してみたりとやりたい放題。
一発カツを入れて危険性を教えてからは多分やってないと思います。
(他のことして遊んだら、お母さんにすぐにバレるようになってるんだからね、と言ってあります。←やり方知らないけど)

夕方、私が食事づくりに没頭(というより苦悩)しているとピヨ子は必ずパソコンに向かいます。
ハンゲームのサイトに行って、今日あったことを日記に書いているみたいです。
「今日はヤマハに行きました。」「今日は映画を見ました。」など簡単なものみたい。
でも顔文字や絵文字使ったり、文字色や文字の大きさ変えたりして、はっきり言ってここのブログよりは見やすいです。
(↑私は面倒なんですよねー。)

そのあとは私とウサ子に「何のテレビが好きですか?」「くだものは何が好きですか?」と幼稚園時代のお手紙と変わらない内容のメール。
一生懸命人差し指で返事をうつウサ子が気の毒なんですけどね。
それからワードにして、大塚愛ちゃんの新曲の歌詞を書いたり、アルバムの楽曲のタイトルをうってみたり。
そのあとはエクセルにして、持ってるぬいぐるみの名前と誕生日の表を作ったり、持ってる本のタイトルと作者名の表を作ったり。
時間が余ったら「もすかう」見たり、大塚愛ちゃんやちゃおのHPを眺めてます。

本当に趣味の延長で、書くことがただただ好き。書いてるうちにどんどん覚える。だからもっと好きになる。それだけなんだよね。
そうやって3、40分パソコンに向かったあと、寝る前に今度はえんぴつで友達に手紙を書いたり日記をつけたりしています。

「子どもとインターネット」はかなり問題視されてるみたいです。
今の状況に飽きたピヨ子がどうくるか。楽しみなような心配なような・・・。

ちなみにピヨ子、ハンゲームではゲームは何もしていないみたいです。
[PR]
by dayu2004 | 2005-09-29 21:21 | 家族