単細胞生活

カテゴリ:家族( 32 )

マメ男さん

ウチの夫はかなりマメ。
A型で几帳面。
マメさで営業成績を上げてきたヒトですから。
私もA型、でもかなりズボラ。
共通の友人に、「だゆうがばらまいたものを夫さんが『しょうがないな』って言いながら拾ってきれいにしている感じだよね。」って、結婚する時に言われたの。
言い得て妙。
結婚式もかなり完全に仕切ってくれちゃいました。
ラクっちゃラクだけど、普通のお嫁さんは耐えられないかもね。


ところが親戚の中には、夫なんか目じゃないほどマメなヒトがいます。
練馬のおじちゃん
その名の通り練馬区在住。
父の長兄。今70歳くらいだろうか。


おじちゃんはものすごーくマメなヒトです。
ですが予想に反してB型です。
おとめ座のB型です。
うちの妹と同じです。
ちなみに妹もものすごーくマメなヒトです。


おじちゃんは自分の関係することはとにかくすべてを網羅していないと気がすみません。
関わりのある人物がそのとき何をしているかを完全に把握していないと気がすみません。


近くに住んでいないので、5年に一度くらいしか会いません。
でもウチの家族のこともよく知ってます。
仕事のときは鬼のようなウチの父(B型)は、プライベートは何の頼りにもなりません。
ウチへの連絡は専ら母(A型)のケータイへ。
ウマが合うらしく仲いいんですよね、おじちゃんとウチの母。


先日、父の次姉のご主人が亡くなりました。
東京のヒトです。原宿に住んでます。
練馬のおじちゃんが連絡係になり、
一人だけ生まれ故郷にずっと住む弟一家に電話をしてきてくれました。
って私の実家ですが。
もちろん母のケータイへ。

現在、電源が入っていないか電波が届きにくくなっています。」

何度かけてもそのメッセージ。
実は夫婦そろって海外旅行していました。


仕方ないので、実家の電話にかけたらしい。
ですが平日の昼なんです、妹3人はみんな仕事に行っているんです。
おじちゃんは何度も何度もかけて、やっと5時につながりました。
末の妹が電話に出ます。


妹は両親不在の旨を伝えました。

「明日の夕方5時ごろに着く飛行機で成田に帰ってくる予定です。」

おじちゃんは納得して電話を切ったと言っていました。



次の日。
朝から私の家の電話がなりました。
夫はカゼひいて家でゴロゴロしています。
電話の主は練馬のおじちゃん。
何にも知らなかった私はビックリしました。



「でね、だゆうちゃん。
あんたに頼みがあるんだが。
パパとママが何時の飛行機で帰ってくるか調べておいてくれ。
オレ、その時間にママに電話するから。」


調べておいてと言われても、大体旅行に行っていたのさえ知らなかったんだから。
そういや先々週そんなことを言ってたっけ。
でも日にちも曖昧な今、時間なんかわからんだろう。
妹たちは仕事に行ってるし、でも急いでいるようなのでどうにかしなくっちゃ。


色よい返事をしてしまった手前、仕方ないので妹3人に順番に電話をかけました。
みんな仕事中です。
1番上の妹(マメなB型)は本当に忙しそうだったので、事情だけ聞いてさっさと切りました。
2番目の妹(典型的B型)は学校の先生なので、午前中は授業中だからはなっから諦めました。
で、結局末の妹(A型)に電話を入れます。
市営の福祉事務所で働く妹は、そんなに忙しそうではなかった(と勝手に思っているだけ)。


「言ったのに。夕方着く飛行機だって言ったのに。」

妹は明らかに機嫌が悪い。
懇切丁寧に両親の日程を教えてあげたそう。

「でもあんたさ、ちゃんとした時間言わなかったでしょ。」
「まあね、5時くらいって言ったのよ。」
「だから不安になったんだよ。おじちゃんカンペキじゃないとダメなのよ。」
「今手元に日程表とかないよ。」
「いいの。旅行会社と、大体の到着時間だけ教えて。」


横でウロウロしていた病気の夫にネットで検索してもらい、
○×航空の何時発の何便、何時成田着、ってとこまで完全に調べあげました。
(さすが我家随一のマメ男くん)
「なんなら出発する前に向こうの空港に電話入れておいてやろうか?
それなら確実に捕まえられるよ。」
いえ、そこまでは。
おじちゃんは時間が知りたいだけだから。



いやまあ、大騒ぎさ。
家族総動員とはこのことさ。
(私は電話しかしてないけど)

で、おじちゃんに電話する私。

「おじちゃん、5時15分成田着だったよ。○×航空の何便だから。」
「おう、そうか。じゃあ6時ごろ入国手続き終わるから、そのあと夜更けまでには電話しておくわ。」


夜更けまでに電話しておくんじゃ、細かい時間はどうでもいいんじゃ、と思ったアナタ、
マメな人はキチっとした時間を聞いておかないと不安になるものなのですよ。
末の妹も「5時くらい」じゃなく「5時15分到着予定の」とひとこと添えれば、
おじちゃんは納得してこんなに大騒ぎにはならなかったんです。

マメなヒトにはなれないけれど、
マメなヒトの扱いには慣れている私。
でもそれ以上にやっぱり夫はマメだった。
最初からおじちゃんと夫とで話をさせておけばよかった。


「おじちゃんの気持ち、オレわかるなあ。」

そうかい。
私には全然わからないよ。
[PR]
by dayu2004 | 2006-02-21 00:23 | 家族

ウラオモテ

ピヨ子がピアノ教室で言われました。

「ピヨ子ちゃんみたいにウラオモテのない子も珍しいね。」

「ウラオモテって?」
褒められてるのか貶されてるのかわからないので不安がるピヨ子。
いえ、どっちの意味で言っているのか親にもわかりません。

幼稚園の年中さんのとき(4歳10ヶ月)からずっと同じ先生。
グループレッスンなのですが、最初は5人で始めたものの、2人やめて今は3人。
あとの二人は同じ幼稚園だった男の子2人。

一人はタケくん。隣の学校ですが、マジメでおもしろくって、クラスのリーダー格の男の子。
もう一人はカズくん。同じ学校ですが、クラスは違います。おっとりしてて、優しい男の子。

「この3人」と先生が称するように、3人揃うとかなりの悪者に変身。
変なところでタッグを組んで、課題を出すと「そんなのやりたくねー」と文句たらたら、
一人ずつ弾かされると、あとの二人はいろんな楽器を持ち出して、勝手にジョイントライブ。
そのたびに先生は「いい加減にしろー!」ってマジギレ。
殴ってもいいよ、って言ってありますが、サスガに殴りはしないみたいだけど。

3人とも他に習い事をしていて、まるっきり練習しないでレッスンにのぞみます。
他の2人も練習してこないので、ま、いいか、って感じ。
気心が知れすぎていて、兄弟喧嘩のようなケンカをして、先生にまた怒られる。
月々9000円弱かかるので、ホント何しに行ってるんだって親も悩みのタネ。

なんだけど。

ひとたび発表会があるっていうと、突然人が変わったように練習しだし、
その息のピッタリさから、かなりイイモノができあがります。
お互いフォローしあったり、できないと悔しがって泣いたり、レッスン中も美しい(?)光景が。
先生もそのときを思い出すと鳥肌が立ってくるんだそうで。


で、先のウラオモテ。
何の話をしてるときに言われたのかと思ったら。
「今度お母さん達にレッスンしてるところ見てもらおう。」って先生が言ったところ、
他の2人の男の子は「それだけは勘弁して~!」って涙目になったそう。
「みんなお母さんきたら少しマジメになるかもねー。
あ、でもピヨ子ちゃんだけはお母さん来てもいつもと変わらないよね。
ウラオモテないからね。」
だって。
つまりお母さんが来ても態度改まらないって匙投げられたわけね。

安心していいんだか、悲しんだほうがいいんだか・・・。
[PR]
by dayu2004 | 2005-11-10 11:57 | 家族

耳の中から・・・

ある日、こんな夢を見ました。

耳掃除をしています。
耳がやけに痒いから。
何か詰まっているようです。
でもなかなか取れません。

思い切って引っ張りました。
すると、スルスルと何かが出てきました。

・・・それは内耳の「うずまき管」。
取り出すとちゅるるんとゴムのように縮まって、とぐろを巻いて落ちました。

「うずまき管」は別名「蝸牛管」と言います。
蝸牛(かぎゅう)=かたつむり。
頭の片隅にそのことがあったのでしょうか。
落ちてとぐろを巻いたうずまき管は、かたつむりのようにノロノロと動きます。
ああ、おそろしや。


基本的に、虫の夢って怖いですよね。
虫キングのおぼっちゃんならば(ほぼ名指し^^)最高に幸せな夢なんでしょうが、
大抵の人にはやっぱり悪夢。

今朝は家族全員8時半ごろに起きました。
寝坊をするとけっこうリアルに夢を見ます。

ドライブしている車の中で、ピヨ子が言いました。
「今日ね、家の中が雪虫だらけの夢を見たさ。」

うんうん。確かに、このところ雪虫が異常発生しています。
雪虫のくせに羽が白くない。まだ寒くないかららしい。
ローカルニュースで、街中で杉花粉のように舞っている大量の雪虫の映像が強烈でした。
同じところをフワフワ浮いてる感じなので、歩いているだけでガンガンぶつかってきます。
洋服や髪の毛は家に上がる前にハラってます。
胸の開いた服を着てると、ブラジャーに大量にひっかかっててキモチ悪い。
しゃべりながら歩いてたら口に入ります。
みんな一匹や二匹は食べちゃってる経験はあると思いますが。

すると突然ウサ子も大声で叫びました。
「あ、私も今日見たよ!家の壁がカメムシだらけの夢!」

そうねそうね。カメムシも今多いのよね。
何故か高層階にまでやってくるのよね。
ベランダに干した洗濯物にくっついて、家の中を飛び回るのよね。

しばらく考えていた夫まで、運転しながら急に大声を出しました。
「んんん。そうだ!俺も見た!家の床がテントウムシだらけの夢。そう、今日見たよ。マジで!」

うーん。実はね、昨日の夜、何故か家の中をテントウムシが歩いていたのね。
黒いヤツ。テントウムシは可愛いわよね。
でも触れないので夫に外に出してもらったのよね。


「お母さんは?」
「いや、夢は見たけど虫じゃないし。」
「あっそ。」
「仲間はずれだね。」


私以外の家族みんなで見た虫の夢。
一体何の暗示なの?
夢占いして、
「家の中が汚いことに不満を感じている夢です。」
とかって言われるんじゃないかとビクビクしてるんですけど・・・。
[PR]
by dayu2004 | 2005-11-03 23:23 | 家族

【鬼母】日記

「鬼嫁日記」なら可愛いもんだけど、昨日の私は鬼母だわ。

ウサ子、学校から帰宅したと同時に電話が鳴る。
「もしもし、○○小学校2年X組の担任のYです。
今日ウサ子ちゃん、頭が痛いって言うんで保健室にいったんですけど、
保健の先生がいなくなったらもうイイや、って教室に戻ってきたんです。
熱高そうだから測ろうって言ってもイイって言うんで・・・。フォローお願いします。」
「わざわざすみません。」

で、プールに行くために焦って準備し始めるウサ子に体温計を渡します。
「一応測っておいて。どうせないと思うけど。」
「うん!」元気なお返事し、体温を測りながらプールに持っていくオヤツを物色するウサ子。

そのときやっとピヨ子が帰ってきたので、
私「早く準備して!プールだよ!」
ピ「あ、そうだった。ヤバイヤバイ!おかあさん、バッグどこ!?」
私「そこにあるでしょ?パンツ入れて!オヤツいるなら持ってって。」

「おかあさん」

ピ「オヤツこれじゃイヤだなー。他にないの?ウサ子は何を持ったの!?」
私「それしかないから我慢しなさい。」

「ねえ、おかあさん」

ピ「今何時!?あ、もう3時だ。バスもうすぐくるね。」
私「早く着替えて。早く早く~。」

「38.1℃だよ。大丈夫かなー?」

ピ「おかあさんジュース買うからお金ちょうだい!」
私「お茶じゃダメ?でも、もう時間ないか・・・・。

・・・って、え?
38度?」

ウ「うん!」
私「・・・もう一回測ってみ。」

ウ「・・・あ。下がった37.7℃だ。大丈夫だよね?」
私「・・・う、う~ん。どうかなー。微妙だなー。」
(ウサ子の体温は普段から高く、37.2℃くらいが平熱です)

ウ「走って帰ってきたからだね。そしたら体温高くなるよ、ってお医者さんに言われたよね。」
ピ「(無意味に熱を測り)あ、34.9℃しかない。きもちわる!」
私「寒い中だらだら帰ってきたからじゃない?」
ピ「ううん。いっぱい走ってきたよ。」
私「汗かいたんじゃない?」
ウ「ウサ子も汗かいた。」

・・・・。

でも結局バスの時間になり、そのまま子供達をバスに乗せてしまった鬼のような母。
だって顔色もいいし。元気だし。大丈夫だよね。

プールだけど・・・。
水に入るけど・・・。
日曜日、学習発表会だけど・・・。


この日は月に一度の認定試験でした。
ウサ子はクロール25m、ピヨ子は平泳ぎ板付きで25m泳いで2人とも合格!

帰宅したウサ子。帰るなりひとこと。

「寒い。」

38.6℃。

鬼母ですか?そうですよね。



(追記)一晩寝せたけど、まだ38℃あるなあ。
頭を冷やして、体を温めて、飲み物たくさん飲ませてます。
でも症状が他にないから病院に連れて行ってません。
明日は熱が少々あっても発表会には行かせるつもり。

だって元気だし・・・。

鬼母ですか?やっぱりそうですよね。
[PR]
by dayu2004 | 2005-10-29 14:52 | 家族

「金魚はまだ」

b0066130_916723.jpg

夫の両親が長旅に出ています。
なので、飼っていたデカイ金魚を預かっています。

昨日ピヨ子が手紙を書いていました。
あて先は夫の両親へ。(渡しようがないんだが・・・)

『おじいちゃん・おばあちゃんへ

お元気ですか?
りょこう楽しい?今どこにいますか?
ピヨ子たちも元気です。
あ、金魚はまだ食べてません。元気なので安心してね。
早く帰ってきてほしいなあ。
じゃないと・・・。

ピヨ子より


はあ~?
『金魚はまだ食べてません』?
どういうこと?

「おじいちゃんにね、金魚を預かる時に、
『食べるものがなくなったら金魚を食べていいからね。』
って言われてたの。
まだ食べるものがあるから、金魚食べなくても平気だよね。
じゃないと・・・。」

じゃないと何?
食べるものがなくなったら、金魚食べるんですか?

どうやらこのおじいちゃんのジョークに、いちばんノッてくれるのはピヨ子ならしい。
しかもしつこい。
[PR]
by dayu2004 | 2005-10-24 09:18 | 家族

ハンゲーム

SEだった私ですが、キーボードのタイピングはかなり速いと思います。
もちろんブラインドタッチ。
手で書くのよりはもちろん速いし、会社にいたころは会議の議事録のかわりにワープロに打ち込んでいたりもしました。

当たり前ですが、上には上がいるし、「エンター部隊」と妹が命名していた入力のプロには全然敵いません、そんなレベルですが。
一般的にはちょっと速いかな、と。
毎日仕事で使っている夫よりは速いです。
いや仕事よりも私はブログに文章書きまくってるしね。

でもそのタイピングの女王の座を揺るがす存在が我家にいます。

10歳児ピヨ子のタイピングには驚きます。
教師やってる妹曰く、「うちの小学校にそんな子はいない。」
夫曰く、「オレとどっこいくらいになってきた。」
ドラマの「電車男」のネットの住人レベルです。
あのちっちゃい手でぱちぱちぱち~と軽やかにキーをたたく姿ははっきり言って気持ち悪い。

ローマ字は今学校で習ってますが、去年くらいからローマ字表を作ってパソコンの近くにぶらさげてはあります。
でもそんなの見てるの見たことないし。

「好きこそものの上手なれ。」を地で行ってるのかなと。
小さい頃からお手紙書くのが好き。
小さい頃から表を作ってならべるのが好き。
小さい頃から日記をつけるのが好き。
そんな彼女のはまったものは、ハンゲームという無料ゲームのポータルサイト。
登録料無料で会員登録(メルアドだけ必要)すると、ものすごくたくさんのゲームができます。
それだけじゃなく、会員同士でメール交換したり、公開できる日記(ブログというほどのものじゃない)もつけられます。
もちろん掲示板やチャット、サークルみたいなものなど遊ぼうと思えばいくらでもできます。
お金を出せばアバターもできます。
ピヨ子に許されているのは私がOKを出したゲーム。
ゲームも一人でできるものから、全然知らない人とできるものまで多種多彩。
全然知らない人とするゲームは、あんまりできなくても人に迷惑をかけないものに限定。
マージャンやオセロやカードゲームはダメ。
まちがい探しやビンゴなどルールの簡単なものに限ってます。
それと私とウサ子宛て限定のメールと、公開してコメントをもらっても安易によそのブログに行かないことが条件の日記の入力だけ。

最初の頃ゲームくらいしかしないだろうと油断してたら、
ゲームしながら、「私は小学4年生よ。」ってチャットしてたり、全然知らない人にメール出してみたりとやりたい放題。
一発カツを入れて危険性を教えてからは多分やってないと思います。
(他のことして遊んだら、お母さんにすぐにバレるようになってるんだからね、と言ってあります。←やり方知らないけど)

夕方、私が食事づくりに没頭(というより苦悩)しているとピヨ子は必ずパソコンに向かいます。
ハンゲームのサイトに行って、今日あったことを日記に書いているみたいです。
「今日はヤマハに行きました。」「今日は映画を見ました。」など簡単なものみたい。
でも顔文字や絵文字使ったり、文字色や文字の大きさ変えたりして、はっきり言ってここのブログよりは見やすいです。
(↑私は面倒なんですよねー。)

そのあとは私とウサ子に「何のテレビが好きですか?」「くだものは何が好きですか?」と幼稚園時代のお手紙と変わらない内容のメール。
一生懸命人差し指で返事をうつウサ子が気の毒なんですけどね。
それからワードにして、大塚愛ちゃんの新曲の歌詞を書いたり、アルバムの楽曲のタイトルをうってみたり。
そのあとはエクセルにして、持ってるぬいぐるみの名前と誕生日の表を作ったり、持ってる本のタイトルと作者名の表を作ったり。
時間が余ったら「もすかう」見たり、大塚愛ちゃんやちゃおのHPを眺めてます。

本当に趣味の延長で、書くことがただただ好き。書いてるうちにどんどん覚える。だからもっと好きになる。それだけなんだよね。
そうやって3、40分パソコンに向かったあと、寝る前に今度はえんぴつで友達に手紙を書いたり日記をつけたりしています。

「子どもとインターネット」はかなり問題視されてるみたいです。
今の状況に飽きたピヨ子がどうくるか。楽しみなような心配なような・・・。

ちなみにピヨ子、ハンゲームではゲームは何もしていないみたいです。
[PR]
by dayu2004 | 2005-09-29 21:21 | 家族

「聞いていい?」

ウサ子の昨晩の寝言です。
真夜中に「キティ!?」って聞こえたけど、最近よくこう言うのでわかりました。

正直、かなりの放任主義です。
といえば聞こえはいいが(?)、単なるほったらかし。
ごはん作って食べさせている以外は、あんまり親から積極的なアプローチはなし。
時間割そろえるのも、宿題するのも1年生から子ども達のみでやらせてます。
忘れ物したら自分の責任。なのでかなり痛い目に遭ってるときもあります。
洋服も下着も、かなり小さいときから自分で選ばせていました。
靴を履くのもボタンを留めるのも、自分でやりたいと言った日から一切の手助けはなし。

こんな親に、子ども達は聞かれなくてもけっこうなんでも話します。
学校でのできごとや友達のこと。先生に怒られたことやかなり悪い事しちゃったことまで。

昨日なんてピヨ子、
「同じクラスのYったらね、ヘンなんだよ、『やめろ!』じゃなくて『やめて!』って言うの。」
「・・・Yくんに何、いやなことしたのさ。」
「う。(絶句)」

とまあこんな感じで、かなりバレバレのピヨ子さんですが、
ウサ子はというと、あんまり積極的に話してくれません。
だから宿題提出を忘れて自分でマルつけて机に隠したり、
後になってからバレて更に痛い目に遭います。

同じようにピヨ子はこっちが何してようとお構いなしにしゃべりかけてきますが、
ウサ子は必ず「聞いていい?」って言いながら、話しかけてきます。
パソコンでPTA用に文書とかを作っているときにピヨ子に話しかけられると、
かなりの確率で私は切れます。
「うるさい!集中できない!今その話しなくていいでしょ?あとにして!」
ひどい親だな・・・。
でもウサ子に恐る恐る「お母さん、聞いていい?」って聞かれるとダメっていいにくい。
ダメならダメであとから「さっきの何?」って聞けるし。
下の子の要領のよさなんでしょうか。

寝言でまで言うなんて、理由があるよね。
私がかなり忙しいから。
って反省するも、明け方4時半にピヨ子が
「ギャー!耳が痛いー!!」と叫んで起こされました。
中耳炎のようです。熱もあります。
「痛いよー、痛くて眠れないよー。助けてよー。」とずっと言ってました。
やっぱりね、忙しいときに限って絶対眠らせてもらえないものなのよね。
1時に寝て1時半にウサ子の寝言で起こされ、4時半起き。
反省するにはあまりにも過酷だ。
[PR]
by dayu2004 | 2005-09-26 10:07 | 家族

「欲しいものがあるの。」

10歳ピヨ子が突然改まって言いました。

「お母さん、ピヨ子、バッグが欲しいの。」
「ん?何?ピアノのバッグなら買わないよ。6年生まで使う約束だよ。」
「ううん、違うの!普段お買い物とかに行くときのバッグ。」
「この前ジャスコで買ったでしょ。」
「違う!ブランドのバッグが欲しいの!?」
「ブランドって何?メゾピアノとか?やだよ、高いのに。」
「違う!あのね、手を持つところが鎖でね、生地に糸でこう、格子になってて・・・。
マークのところにCとCの反対がくっついてる・・・。」
「シャネル!?シャネルのバッグが欲しいの!?」
「シャネルって言うの?そう、あ、これ(ネットで検索して見つける)!
 可愛いよね、すっごく。ね?これ買って、お母さん。」

「・・・大人になって自分で働いて買いなさい。」

お母さんも欲しいです。いや、やっぱりいらないです。そんな金あったら旅行に行きたいし。
あれって子どもが見ても可愛いんでしょうか?

「こっちでもいいよ。このいっぱい字の書いてある・・・。」
「ヴィトンかい!」

クロエのバッグも可愛いんだそう。あとはいまいちなんだって。
どういう感性の持ち主なんだ・・・。
[PR]
by dayu2004 | 2005-09-20 09:01 | 家族

37.8℃

微熱ですか?高熱ですか?

ウサ子の体温です、ただいまずっとこんな感じ。
どうやら急に寒くなってきたので、アレルギー性鼻炎が出てきたらしい。
これ、放っておくと、必ず喘息の発作を起こします。
1年に1度の恒例行事、喘息の発作で夜中までやってる小児科に走ること。

今年はやっぱり暑いらしくて、毎年は8月の夏休み中になるのに少し遅い。
休み中なら別に夜だろうが、明け方だろうが、いくらでも車飛ばすんです。
休み明けても、私も大抵ヒマにしてるんで学校も休んでくれて全然構わないんですけどね。

でも今年は暑いってだけじゃなく、私が忙しい。
もうすぐ学校で先生を呼んで講演会をします。その責任者になっちゃた私(しかもクジで)。
アポ取ったり、先生に会いに行ったり、アンケート取って資料作ったり、
会の進行考えたり、セッティングしたり、校長に挨拶お願いしたりと色々と仕事はあるわけですが、まあ細かいことなんかは他の人がやってくれるとしても、大まかな流れとかは私の仕事なんですね。
やればやるほど仕事が出てくる。
しかも人前で喋ったり、人に仕事をふったり、それをまとめたりするのは大の苦手だということが改めてよくわかったんです。
一度にいろんなこともできないし。己の能力のなさを痛感したわけね。
縁の下的仕事ならいくらでもします。パソコンでなんか作ったりするのは全然苦じゃありません。

でもやらなくちゃ。人に仕事をふるよう役割分担しなくっちゃ。
役割分担をする大事な会議のあるその日の朝、起きて来たウサ子を見て愕然。
鼻水を大量に出して、胸もひゅーひゅー言ってるんです。
体温は37.8℃。
平熱の低い(35.5℃前後)私なら死んでますが、ウサ子の平熱は37.2℃。
う、微妙だ。
38℃ならさすがに即病院ですが、37.6℃でもインフルエンザの予防接種したウサ子ですよ。

悩みます。このまま放っておけば確実に夜に発作が起きるでしょう。
その前に5時間目の体育で発作を起こすかもしれません。
かといって、ここで会議を休んでしまっては集まってくれたみんながすることがない。
それどころか、ふるはずの仕事を全て一人でやらなくちゃならないかもしれません。
もう一回会議を改めてするヒマも場所もありません。今日しかないのだ!!

どうなる、ウサ子!?
[PR]
by dayu2004 | 2005-09-14 23:04 | 家族

ピヨ子とウサ子

兄弟を比べちゃいけません、とよくいいますが、どうしても比べてしまうのが親の悲しいところ。
でもウチの娘達はあまりにもタイプが違うんで、比べようがない。

           ピヨ子(小4)    vs    ウサ子(小2)

得意教科     国語               算数・体育
苦手教科     算数・体育           国語
クラスの中で   一番うるさい          一番おとなしい
交友関係     会ったときから友達      人見知り
友達と       誰でもいいから遊ぶ     仲良しの人としか遊ばない
人前        緊張する            緊張しない
趣味        読書・パソコン         ゲーム・人形遊び
好み        面白い人            かっこいい人
お菓子       ケーキ・チョコパイ      ポテチ・ポップコーン・ラムネ
食事        ごはん・パン派         おかず派
病気の治し方   寝て治す           食べて治す
飲み物       牛乳好き・炭酸は苦手   お茶・コーラ
動物        好きですぐ触る        絶対触らない
洋服        黒い服・ヒラヒラ好き     スポーティーでカラフルな服が好き
口寂しい時    ないほど喋ってる       何でもいいから食べたい
新しいこと     なんでもやってみたい   できればやりたくない
好きな食べ物  カレー・グラタン        オムレツ・ハンバーグ・ラーメン
嫌いな食べ物  ラーメン・卵類         カレー
食べられる野菜 フキ・切干大根・ひじき    なんでもOK
愛称        みんなから名前呼び捨て  みんなから「ちゃん」づけ
手先        器用               超不器用
目立ち度     人と変わったことをしたい   みんなと同じことをしたい


同じに育てているはずなのに・・・。おかしいなあ。

好みも全く違うけど、得意な教科や友達と接する態度まで正反対です。
ピヨ子は相手してくれるなら、年寄りから小さい子まで誰でもいいし、
もちろん虫から馬まで動物でもOK。
ウサ子は信用できる人としか話しないし、動物には近づかない。


先日、講演を依頼しに行ってお会いした先生に次のように言われました。
お子さんをお持ちの方、やってみてください。

「自分の子どもがどんな子どもか、いくつか箇条書きにしてみてください。」

「悪いことばかり書いてませんか?いいことも探して書いてください。」

「いいところだけを褒めて、そこを伸ばせるように協力してあげてください。」

「悪いところは目をつぶってください。」


先生、おしゃべりなのはいい事ですか、悪い事ですか?
[PR]
by dayu2004 | 2005-09-10 09:50 | 家族