単細胞生活

カテゴリ:テレビ・映画( 46 )

神田和美ちゃん(「女王の教室」より)

女王の教室」で、悪魔のような阿久津マヤ先生(天海祐希)と真正面から立ち向かう生徒、神田和美(志田未来)ちゃんはこんな人で、「女王の教室」はこんなドラマです。


和美ちゃんは明るくていつもニコニコしている人気者でした。
お姉ちゃんがぜんそくもちで頭がよく、母親にあまり構ってもらえませんでした。

ある日やってきたマヤ先生に真っ先に反抗したために、雑用係を引き受けさせられました。
怒られたりなじられたりする友達を庇ったために、重い罰を受けさせられます。
やがてそんな友達もマヤの言いなりになって和美ちゃんを裏切ったり、学校にこなくなったりしてしまいます。

つづき
[PR]
by dayu2004 | 2005-09-04 15:39 | テレビ・映画

スティーブン・スピルバーグ

小さい頃からピンクレディだ、たのきんだ、SMAPだ、とミーハーの王道を突き進んできた私ですから、見る映画もかなり王道を行ってます。

流行った映画はレンタルでもテレビ地上波のでもいいから見ておかないと気がすまない。
これぞハリウッド映画って感じのもの、大好きです。

先日DVDで見たのは「ターミナル」。
トム・ハンクス主演、スピルバーグ監督、共演はキャサリン・ゼダジョーンズ。
去年の年末に公開されましたね。当時は多忙で見にいけなかったんでレンタルでリベンジ。






壮大なスケールをイメージして見たらいけません。
とってもチマチマしています。
感動大作とかではなく、くすくす笑いのコメディ映画です。
爆笑するところも号泣するところもありません。
狭いところ(ターミナル内)でウロウロするトム・ハンクスがとにかくチマチマしてて面白いんです。
正直言って、こういう映画は大好きです。
トム・ハンクスもやっぱりこうでなきゃって思ったわけです。

トム・ハンクスについてはまた別の機会に。
今日は監督のスピルバーグについて。
今さらマジメに語るヤツの気がしれない、なんて言わないでね。

More
[PR]
by dayu2004 | 2005-08-30 09:30 | テレビ・映画

「女王の教室」と「ドラゴン桜」

この夏スタートのドラマは実はけっこう面白そうなものが多いんです。
イチオシは「電車男」ですね。予想してたよりかなり面白かったです。
あと「今、会いにゆきます。」と「スローダンス」もまあまあな感じ。

そんな中似ているようで似ていない、「ドラゴン桜」と「女王の教室」、この二つの教師のドラマはけっこうセンセーショナルなんですよ。

教師のドラマといえば最近では「ごくせん」。
任侠一家のお嬢ヤンクミがどうしようもない不良生徒たちに、
「おまえら、仲間だけは決して裏切っちゃなんねえ。」と言い、
勉強なんかできなくても「おまえらサイコーだよ。」と言ってしまう、
生徒愛に溢れた先生の話です。

思えば「GTO」の鬼塚ティーチャーも、
生徒のためなら自分なんかどうなってもいい、みたいな感じでした。
とにかくこの二人は自分の生徒というだけで無条件で愛してしまってるし、
生徒の尻拭いが自分の役目だと思っている先生たちです。
でもそのおかげでどっちもすごく感動しちゃったんですけど。(単純だなあ)

ところがこの「ドラゴン桜」の桜木(阿部寛)と「女王の教室」の阿久津(天海祐希)は全然違います。
桜木はバカ高校の生徒たちを相手に、阿久津はイマドキの6年生を相手に、
「社会というのは一部の特権を持った人たちのために成り立っていて、
あとの人たちは難解な法律によって、年金や税金をたくさん払ってしまって損している。」
桜木は「おまえらは騙されている」と言い、阿久津は「目を覚ましなさい。」と言う。

それを打破するためには勉強するしかない、自分がその特権階級に入るしかないと言い切ります。

桜木は学校経営を立て直すための手段として、偏差値30ちょいの高校3年生を東大に入れると豪語し、その言葉にのってきたものだけに勉強させるつもりです。
一種のハッタリのようなもの。

でも阿久津はクラスの生徒全員を相手に本気でそう言います。
クラスに順位をつけ、成績のいちばん悪いもの、もしくは逆らったものに「学級代表」とは名ばかりの雑用係を押し付けます。
抗議する親や先生を難なく懐柔し、子供たちは恐ろしいのでタッグを組むこともできず、逆らうこともできず、ビクビクしながら日々を過ごしていきます。
何のために彼女はそんなことをしているんでしょう?
うちの子供たちだったらどう反応するんだろう。ドラマはなぜか黙って見てましたけどね。
そんな堅いことは抜きにしても、生徒役の子供たちが好演していて見応えあります。
最近の子役はホントに上手。

同じ子を持つ親として、本当は学校に何を求めてるんだろう、って思いながら見てました。
幼稚園なら子供たちには最低限の人間関係のルールを覚えながら楽しく遊んできてほしい。
そして押し付けがましくない愛情に溢れた先生に見守っていてほしい、ってただそれだけで朝送り出します。
子供の一人ひとりが何がいちばん好きなのか、何がいちばんキライなのか、それがわかっていてくれさえすれば、後は余計なことはしていらないというのが本音です。

子供も小学校低学年だととりあえず学校に行きさえすればいいんです。
教科書に書いてあるくらいの学習内容と、行き帰りの安全と、今何をすべきかちゃんとわからせてくれればいいんです。
あと悪いことしたときにガッツリ怒ってほしいのと、がんばったときに褒めてくれればいいかな。

ところがそのあとはやっぱりちゃんと勉強を教えてほしいって言うのが正直なところかな。
桜木流に言えば騙されないためには、それからきちんと仕事して生きていこうって思うためには、ホントにある程度の学力は必要です。
面倒くさい法律の本や、小難しい契約書を読んでもとりあえずは理解できる文章読解力と、税金を無駄に払ってたら還付してもらえるだけの計算能力。
それくらいの基本が身についてほしい。
そこから後は本人次第。勉強しなきゃいけないと思えばするでしょう。

その基本は小学校3年生くらいから中学生までですよね。
このときにきちんと学習の基礎ができていれば、あんまり騙されないで生きていけそうです。
逆にこのとき先生に手を抜かれて基礎ができていないと後からけっこう痛いです。
だからこそ授業できっちり教えてくれて、それをきちんと聞く姿勢に子供を持って行ってくれるような先生なら、それ以上のことは何もいりません。

ところで、私の高校1年のときの担任は
[PR]
by dayu2004 | 2005-07-14 14:57 | テレビ・映画

深夜放送

夜型人間です。
朝6時半起きなんだけど、毎晩1時くらいに寝ています。
寝不足に耐え切れなくて、毎日昼に10分~1時間くらい気絶しています。

夫が忙しかったときの生活習慣のなごりです。
以前は12時前に帰ってきた試しがなかった。
9時ごろ帰宅すると、「どうしたの?早いね。」と言っていました。
あるプロジェクトが破綻してから、そしてD公団が民営化の騒ぎになってから、
彼の帰宅時間は大変早くなりました。

毎晩9時ころまでに子供たちは寝る仕度をすませ、ウサ子は大抵そのまま寝ますが、ピヨ子は9時から私が見るドラマに付き合っています。
自分で「アタックNO.1」や「あいくるしい」をかけて見てたりもします。
10時に無理やり子供部屋にピヨ子を閉じ込めて、茶碗洗ったり、アイロンをかけたり。
夫はこの間ゲームしています。
それからビール飲みながら、HDDに録画されている番組を再生して見ます。
その時間にやっているのを【オッカケ再生】したり、昼に再放送しているドラマだったり。
レンタルした映画のときもあります。

終了後、夫はパソコンに向かうので、私はチャンネルをテレビ朝日系列にしてテレビを見ます。
大体「報道ステーション」が終わりかけの時間です。そのままにしておくと深夜放送が始まります。
月曜日は「内村プロジェクト」、火曜日は「ぷっすま」、水曜日は「マシュー」、木曜日は「Qサマ」。
前後に「水曜どうでしょうリターンズ」とか「おにぎりあたためますか」なんていう、大泉洋が出るローカルのまったり番組が続いたりします。
ときどき「サルヂエ」や「ハネルのとびら」がやってるのを思い出してチャンネル変えたりもします。
一昔前なら、「夢であえたら」「夢がモリモリ」「スマップのがんばりましょう」とか「ウンナンの気分は上々」とか、「カボスケ」とか「ソムリエ」とか、ぱっとは出てこないけど、名作としか言えないような面白いものがたくさんありました。
とにかくなんだか説明できない面白さがあるんですよね。
「1日のシメを笑って終える」・・・サイコーですね。
そのあと歯を磨いて米を砥いでサプリメントを飲んでからベッドに入りますが、即効ですぐに眠れます。

ところで、そんな深夜枠のバラエティが人気が出てゴールデンになっちゃったりします。
古くは「ボキャブラ天国」や「めちゃいけ」もそう。
「ココリコ黄金伝説」も昔は深夜枠でしたし、最近は「トリビアの泉」や「銭形金太郎」や「A様B様」もゴールデンに。
ところがゴールデンになった途端、なんだかつまんなくなった気がします。
同じ人が同じことをやってるだけなのに。なぜ?

昨日も「マシューTV」の「なまり堂」がゴールデンでやってました。
最近ではいちばん好きな企画です。
楽しみにしてたので、録画してまで見たんです。

結果は・・・いえ、いつもとほとんど何も変わってませんし、むしろ面白かったです。
ゲラゲラ笑いましたよ。熊田ようこちゃん、なまっててむしろイメージ良くなってるし。
でもなんだか物足りません。何故だかいつもより満足できません。

まあ結局、まだ酔っ払ってないし、眠くもありません。フロもまだ入ってないので、まったり感が全くありません。
まだだらけていない私には、テレビを楽しむ余裕がないんだってわかりました。
自分の問題なだけでした。
[PR]
by dayu2004 | 2005-07-01 15:46 | テレビ・映画

「スリランカの首都は?」

って聞かれてぱっと答えられます?

答え : スリジャヤワルダナプラ・コッテ

25日土曜日に日テレ系列で「記憶のチカラⅡ」という番組がやっていました。
六本木ヒルズの屋上から30分ちょっと眺めただけで、
それを360度分、細部まで再現して絵に描いてしまう人や、
アメリカの歴代大統領の名前からキング牧師の演説、アメリカ憲法、
海外のあらゆる国の首長の名前まで完璧に暗記している少女。
13秒でルービックキューブを完成させる少年。(目隠ししても2分半で完成)

そんなすごい人たちの話に混ざって、アルツハイマーの話が出ていました。
最近ちょっと読んでみたいと思っている本があります。

明日の記憶
荻原 浩 / 光文社

ヤフーブックスの書籍評のところにはこんなふうに書かれています。

「まずお歳を聞かせて下さい」「ここはどこですか」「次の三つの言葉を覚えて下さい。いいですか、あさがお、飛行機、いぬ」「今日は何曜日ですか」「さっきの三つの言葉を思い出して、言ってみてください」人ごとだと思っていたことが、我が身に起きてしまった。最初は物忘れ程度に思っていたが、若年性アルツハイマーの初期症状と告げられた。身につまされる傑作長編小説。

知り合いに読んだ人がいますが、つらすぎて途中で何度も本を閉じてしまったようです。
50歳の会社員の主人公が「若年性アルツハイマーだ」と告知されてから、少しずつ病気が進行していく様が書かれているそうです。
「半落ち」では妻が若年性アルツハイマーになり、それを見つめる夫の苦悩が書かれていましたが、「明日の記憶」は本人の苦悩が書かれているらしいのです。
かなり身につまされるようです。
物忘れは人間誰しも年とともにひどくなってきますよね。
まあもともと忘れ物の女王の私は、あまり何とも思わないのですが、それでも若いころに比べると「思い出そうとしてもどうしても思い出せない」というものが多すぎます。

俳優の渡辺謙がこの本を読んでいたく感動し、自ら志願してこの物語の映画の主演を務めることになったようです。(ニュースはこちら

雨で外に出られない日に、この本で【時】を忘れてみませんか?

アルツハイマーでなくとも、認知症にも個人差がありますよね。
88歳の祖母(みよちゃん)は耳も目もかなり悪いし、足も悪くてあまり歩けないし、心臓も悪いのでほとんど1日中家で過ごしていますが、
頭だけはかなりしっかりしています。(朝から晩まで漢字ナンクロとイラストロジックをしているおかげだけど)
でもその2歳下の妹キヨちゃんは、体が丈夫で70歳くらいまでバリバリと働いていたのに、5年くらい前から急速に認知症が進行し、今では全くモノが判らないようです。

で、番組を見ながら、家族で認知症対策をし始めました。

More
[PR]
by dayu2004 | 2005-06-27 09:45 | テレビ・映画

「SAW」

連休中はだんなの「行楽地にいかなくちゃならない」使命感に付き合って、あっちこっちに行ってきました。そのたびに何度弁当を作ったことか・・・。
それにしても天気が悪く寒い連休でした。
GWを北海道で~、なんて思って道外から旅行に来た人はあまりの寒さにビックリしたことと思います。
でもニュースで、「松前で桜見られたし、帯広では雪が見られたし、さすが北海道だと思いましたー!」とインタビューに答えていた人を見ると、観光客は満更でもないのかしら。

それでもあんまり寒い雨の日や、夕食後の長~い夜の時間には、やっぱりレンタルしたDVDを観賞することが多かったんですね。
中でもビックリしたのは「SAW」(2004年米 ジェイムス・ワン監督)という映画です。
SAW ソウ DTSエディション
/ 角川エンタテインメント





老朽化したバスルームで目覚めた2人の男、ゴードン(ケアリー・エルウェズ)とアダム(リー・ワネル)。足には鎖、2人の間には自殺死体。部屋にはいくつかアイテムがあり、その中から2人は自分たちがおかれている状況を把握しようとするが……。

犯人懲りすぎ(笑)。島田荘司の小説みたい。現実に返ってよ~く考えるとバカバカしいんだけど、作品の中に入り込んでいるときは主人公と一緒に、犯人や作り手の思惑通りにハラハラしちゃうんですね。先が読めないので、「そうきたか!」と1回1回驚くんです。
全編通じてホノボノしたところやダラダラしたところが全くなく、スピーディーで映像もオシャレな感じ。話自体は荒唐無稽で「ありえな~い」連続殺人事件の一端なのですが、こういう風に切り取るとスタイリッシュでこわ~いホラー映画になるんだな、って感心します。
ちゃんと動機もわかるんで後味もそんなに悪くありません。
ちょっと痛そうなのでそういうのがニガテな人(私もニガテ)は顔を背けるシーンもけっこうありますが、最近ドキドキし足りない人にはオススメです。
[PR]
by dayu2004 | 2005-05-09 09:02 | テレビ・映画

いい女ベスト10

exciteのTBテーマの「いい女」のほう、選ぶのを忘れてました。
(「いい男」はこちら
いい男ほどは興味がわかなかったというのが正直なところ。
単純に好きだな~、かわいいな~って思う有名人の女の人をあげてみた感じです。

・YUKI(ジュディ&マリー)
・SOWERU
・釈由美子(スタイルいい)
・天海祐希
・深津恵理
・坂井真紀
・YOU(おしゃれ)
・余貴美子
・篠原涼子
・原田知世(若い)

最後の方、ホント苦しい~。
きっと他にもいると思うんだけど、思い出せないんですよねー。
こうして見ると「美人」っていう美人はそんなに「いい」わけじゃないのかな。
夫の好きな松嶋菜々子や優香は可愛いとは思うけど「いい女」ではない気がする。
大塚愛ちゃんとか木村カエラちゃんとか好きなんですが、いい女というよりキュートなイメージ。

あんまり自己主張しないのに「自分」があるっていう感じの人が「いい女」かな?

あんまり「キライな芸能人」って男女ともにそういないのでとにかく選ぶのは一苦労です。
[PR]
by dayu2004 | 2005-04-24 17:54 | テレビ・映画

「あなたが選ぶいい男・いい女ベスト10は?」

っていうのが今週のexciteのトラックバックのテーマなんです。
ヒマなんで考えてみましょう。

いい男10人(順不同)
・佐藤浩市
・江口洋介
・オダギリジョー
・谷原章介
・ヒルマン監督(日本ハム)
・ジョニー・デップ
・アントニオ・バンデラス
・岡田准一
・玉田圭司(柏レイソル)
・福山雅治

最後の方は苦しくなってきました。
「いい男」の条件は、
・やっぱりイケメンである。(背も高い方がいいか?)
・仕事に真剣である。(大抵テレビに出てる人はそうなんだろうけど)
・年より大人っぽい。(落ち着いている、というのかな?)
・色気がある。(これがイチバンでしょ!?)
って感じでしょうか。

ここに書いた人はもちろんみんな好きですが、書きながら「これはいい男じゃないけど好き♪」っていう人もたくさん思い出されて、自分の好みの幅広さに半ば呆れ気味です。
あとあんまりにも自分と年の離れている人は「いい男かどうか?」っていうことが判らないということにも気づきました。
大好きなSMAPのメンバーはやっぱりあんまり「いい男」ではないかな・・・。慎吾ちゃんが少しいい男かな?
(どうでもいいことを真剣に悩んでいて、本当にヒマですね私ってorz)

いい女はまたのちほど。^^;
[PR]
by dayu2004 | 2005-04-19 09:57 | テレビ・映画

「恋におちたら」VS.「アタックNO.1」

昨夜はチャンネル争いで大変でした。
娘が「アタックNO.1」を見ながら「夢で逢えたら」を録画してます。
私は10時から「恋におちたら」を見たい。「アタックNO.1」は初回で10分長いんです。
「もう10時だから寝なさい。」「やだ、見る。」「お母さんは10時からのドラマが見たいの!」
「私も見たい!」「明日起きられないから寝ろー!」
結局10時ぴったりにチャンネルを替えてやりました。
娘ははじかれたように子供部屋に走り、小さいテレビで「アタック~」の続きを見ていたようです。
(もう何してようがかまってられない。私は私の見たいものを見るのだ!)

ツヨシは「島男」って感じです。
山本耕史くんは幼馴染の魚屋です。けっこう目だってました。やっぱかっこいいです♪
木村佳乃ちゃんがツヨシの妹です。山本くんが惚れてるみたいです。
ハワイに行ったら松下奈緒ちゃんがいます。すっごく可愛い人です。
堤真一さんはサッカーチームを買ってました。ホリエモンというより三木谷さんぽい。
日本に戻ったらツヨシの工場はつぶれていて、谷原章介さんに会いました。
すっごくイヤミな役です。でもまたちょっと髪を伸ばしてて「ごくせん」のときより色っぽい。^^
ツヨシは警備員になって金田明夫さんの下で働きます。和久井えみちゃんに会いました。ぽ~っとしているようでとっても賢いという役みたいです。
金田さんと一緒に行った飲み屋のマスター?はさとえりです。

こういうの豪華キャストというんですか?何だかチョイ役っぽい人まですごい人が出てるという感じです。

堤さんの会社のHP(?)ではネットとサッカーの試合のテレビ中継とをコラボをしようとします。
ですが試合開始の直前にウィルスにやられてメタメタになってしまいます。
不審人物とされていた警備員の島男がそこをたまたま巡回して通りかかり、
ものすごい早業で修正してしまいます。
実は島男こそ、昔は学生にしてIT会社の社長のさきがけ的存在で、とっても有名な人だったのです。

という話です。
なんていうかハデな話です。今流行りっていうか時事問題を全部入れちゃう、みたいな感じ。
何年か前なら「こんなうそ臭い金持ち、ドラマでしかいないよ~」って思いそうなものですが、実在するんだからしょうがない。
でもドラマよりホンモノの方がやること派手だからなあ。そんなに「すげー」って思えないんです。
お金がない」ってドラマ、昔ありました。織田裕二の。
似ている展開ですが、向こうの方が会社も小規模、織田裕二にも特別の能力はないが人をひきつける魅力だけはものすごくある。それが成功していくというサクセスストーリー。
実は天才プログラマーだったツヨポンがIT起業家として成功して行く話は、なんだかあんまり現実味がありません。もともとすごい人が更にすごくなっちゃう話なんですか?

辛口になってしまったけど、見出したらやめられない感じです。うん、面白いです。

ちなみに「アタックNO.1」は早くいろんな嘘みたいな必殺技(というのか?)が見たいです。どうせやるならものすごくして欲しいなあ。
[PR]
by dayu2004 | 2005-04-15 20:44 | テレビ・映画

笑っていいとも春の祭典

昨夜やってました。
新ドラマの番宣をかねて、ただぐだぐだとやるやつです。
毎回必ず途中でイヤになります。
昨日も最後の方はもう「なんだかな~」ってパソコンしながら見てました。
だから本当はネタにするほどのことでもないんですが・・・。

今回の目当ては中居くん・・・ではなく、山本耕史くんと堺雅人さん。
中居くんはラブシーンで目が充血するとキムタクにチクられていて、
照れていたところだけ可愛かったですね。
ツヨシにだけ執拗に絡むの、ツヨシのファン以外はつまんないからやめて~!
でも島男って名前はかなりヒットでした。かなりの番宣になったのでは?

堺さんは黒いスーツ姿。
なんかもっと綺麗な色の服を着たほうがいいような・・・。
でもキムタクチームのブレインと言う感じで、ゲームはがんばってやってました。

山本くんは白い服着てとってもかっこいい。
っていうかとっても綺麗♪色白いなー、目の色が薄いなー、ってうっとりしてました。
ツヨシのおたおたぶりや堤真一さんの暴走に苦笑いしっぱなし。
でも面倒くさがらずに楽しげにやっている姿は好感度大です。

「離婚弁護士」の佐々木蔵之介さんの声が実は好き。
前回のシリーズのドラマの中で「ハンサムなラクダ」って言われてたのがツボでした。

あとはイケメンは玉山くんくらいしか出てませんでしたね。
あんなグダグダいいともなのに、みんな感じのいい人ばかりで見ていて爽やかでした。
やっぱりああいう番組はテキトウに何かしながら見るくらいでちょうどいいんですよね。
[PR]
by dayu2004 | 2005-04-12 08:36 | テレビ・映画