単細胞生活

カテゴリ:テレビ・映画( 46 )

天体観測

先週くらいまで夕方に再放送していたものを、やっと全部見終わりました。
最終回は「なんじゃこりゃ」と思ったところもあったのですが、
全体的にはなかなか面白いドラマでした。

25歳という年齢の男女8人の物語なのですが、全員が毎回成功と失敗を繰り返して、
そのたびに人の分まで喜んだり悲しんだりするもんだから、みんなへとへとになります。
すぐ怒って、泣いて、慰められて立ち直って、また誤解して、・・・ってちょっとやりすぎですが。^^;
ぶっ続けで見ると「またかい!」って思うけれども、週1ならばちょうどいいかも。
でも続きが気になってぶっ続けで見ちゃうんですよね。

内容はともかく(っていいのか?)、このドラマでもオダギリジョーはよかったです。^^;
特に最終話の一話前のエンドロールは、まるでPVのようで、オダジョーのファンにはたまらないです。
複雑な難しい役なのですが、一つ一つの表情が素晴らしく良いんです。
しかも同時期同クールで「サトラレ」を主演していたんですよね。
こっちはビックリするほどの別人なんです。

(以下ネタバレですが・・・)
最終話の一話前で死んじゃうんですけど、一瞬意識を取り戻したときの錯乱振りがすごい。
ホントに死んじゃう、って思いましたもの。
刺される直前は、なんか死相が出てる、って思ったし。

改めてすごい役者さんだな、って思いました。
やっぱりこの人の出ている作品は全部見たい。
次は「ビギナー」です!

しばらくオダギリ祭りは続きそうです。
[PR]
by dayu2004 | 2005-03-06 09:15 | テレビ・映画

溺れる人

見る気もなしにテレビをつけたらたまたまやっていた「溺れる人」という2時間ドラマ(1日21時日テレ)。
平凡な主婦マリ(篠原涼子)がアルコール依存症になり、それを克服するまでを描いたドラマなのですが、最初は何気に見ていただけなのに、気づいたら最後のほうはテレビにかじりついていました。

アルコールが飲みたくて、ビールが空になると台所にあったワイン、料理酒をラッパ飲みし、それでも足りないと外のゴミ箱をあさって酒瓶に一滴でもあると口にする。
もう飲まないと約束し、夫に見つかりそうになると、トイレのタンク、天井裏、プリングルスみたいなお菓子の箱の中にお酒を隠す。
どうやってもやめられなくて、とうとう閉鎖病棟という鉄格子のある病室に入って一口もアルコールを口に入れないでいるとやがて禁断症状が現れ、幻聴や幻覚にうなされ、縛り付けられるまで暴れる。

篠原涼子のすさまじい迫力にはびっくりしました。アルコールが気になって仕方ない、アルコールを求めてさまよう、酒瓶をラッパ飲みする、酔っ払って暴れる、入院してからも禁断症状で暴れる、子供みたいに泣く、後悔に苛まれる、だんだん治って来る・・・、まあ大変だったと思います。
美人女優を売りにしている人にはできないかな。
化粧もせず髪をふりみだし、服装もスウェットをだらしなく着たり、屋外で這いつくばったり。
夫役の西島秀俊くんの苦悩も良かったですけど、とにかく篠原涼子の逆プロモーションビデオとでも言いましょうか、まさに体当たりって感じでした。

アルコール好きの私には身につまされないこともないです。
でもちょっと深酒すると次の日から一週間は胃がやられてご飯も満足に食べられなくなるし。
若い頃に週に2、3回飲みに行っているうちに一年くらいで慢性膵炎になるし。(普通は大酒を毎日飲まないとならないらしい。)
甘いお酒は嫌いだし、日本酒は二日酔いになるから飲めないし、焼酎を割るのは面倒だし、ワインも赤ワインで頭痛になることもあるからあんまり飲みたくないし、ってことで最近はビールオンリー。
まあアルコール依存症になる人の普段の性格は、マジメで完全主義者が多いっていうのも私とは大違いかな、とは思いますが。^^;
[PR]
by dayu2004 | 2005-03-03 11:52 | テレビ・映画

救命病棟24時

マジメに見ているドラマがこれと「優しい時間」だけになっちゃいました。

「ごくせん」と「不機嫌なジーン」と「富豪刑事」は子供たちが見ています。
この三つはけっこう次の日の学校の話題になるんだそうで。

今回の進藤先生はちょっとスネキャラで、昔に戻ったような感じでした。
「コーヒーはいらん。」みたいなね。怒ってたんですね、あれ。
その後の手術のシーンでは、多くを言わずに仕事でみんなにやるべきことを伝える、
と言った感じでした。
かっこいいんですけどね~。なんか視聴者にもわかりづらかったですね。
なんでそんなに感じ悪いの?って思っちゃいますよね。

日比谷先生がいいですねー。この人の方が感じ悪さは1枚も2枚もうわて。
大泉洋の役も和めますね。
舞台俳優さんっぽい声の出し方で、最初のころはトーンもみんなと違っていたけど、
だいぶ慣れて違和感もなくなってきたように思います。
女の人たちがイマイチぱっとしないせいかどうも色がないように思えます。
松嶋菜々子ちゃんもこういっちゃなんだけど、男っぽいというか・・・。
京野ことみはけっこうがんばってるかも。
でも学校に戻らなくていいの?って気になっちゃうんですよね。
せめて今の立場を説明する台詞みたいのがあればほっとするんですけどねー。

まあでも、やっとキャラにも慣れてきて、愛着を持って見れるようになりました。
[PR]
by dayu2004 | 2005-03-02 16:17 | テレビ・映画

サザエさん

katharinaさんのブログ、「step by step」より耳寄りの情報が!

三谷幸喜さんが脚本を担当した回の「サザエさん」が20年ぶりに再放送されるそうです。
詳しくはkatharinaさんのブログを読んでいただきたいのですが、
私が気になるのは三谷さんが番組を降ろされたという幻の「タラちゃん成長期」というもの。

タラちゃんが筋肉増強剤でマッチョになるということのようですが、見たい!是非見たい!
いきさつもさることながら、マッチョなタラちゃんが見てみたい!
こんなリクエスト、数が増えれば放送されないでしょうか。
「サザエさん」を見て大爆笑した記憶ってそういえばないんですけど、
これを見たら恐ろしいほどに笑ってしまいそうです・・・。

とりあえず、来週の日曜日は「サザエさん」必見!!
[PR]
by dayu2004 | 2005-02-28 20:00 | テレビ・映画

優しい時間

まきストーブっていいな、なんて思いながら見てました。
昨夜の「優しい時間」。桜の木のまきって燃すといい匂いがするんですね。

冒頭から雑煮の話。
「まるもちに白味噌が関西で角もちに澄まし汁が関東」って言ってましたが、
みなさんのおうちのお雑煮はどんなですか?
ウチとだんなの実家はどっちも醤油ベースに焼き餅の入ったお雑煮です。
私も実家のを見よう見真似で適当に作ってますが、
最近は鴨と干ししいたけがダシの醤油味の雑煮にしてます。

まあそんなのはいいとして。

長澤まさみちゃんは本当にいい表情しますよねー。
おせっかいで神経質で感情的で、ホント典型的な普通の女の子です。その表現が秀逸です。
あれを見て「ひでえ女だなー。」って男の人は思うでしょうが、
女の子って頻度はそれぞれだけどみんなあんな感じですよねー。

普段はケンカもしないし、滅多に怒らない(子供には毎日叱ってますけど^^;)私ですが、
何年かに一度ブチ切れると手がつけられないとだんな談。
キッチンでブチ切れたときは、包丁片手に怒鳴りつけ、刺されるかと思って青くなったそうな。
たまたま何か切ってただけなんですけどねー。
スーパーの店員の態度が悪すぎてブチ切れたときは、興奮しすぎて朝からの頭痛が治ったこともあります。(低血圧だったのに血圧上がって治ったみたい)

また脱線しまくり。
寺尾聡の息子を見るときの顔、すごく良かったですね。マジ泣けました。
二宮くんの一心不乱の表情もいい。余貴美子さんの声も好き。
あと北島三郎が普通に北海道によくいるおじいちゃんに見えました。
あのおばあちゃんも。吹雪の中でも元気なお年寄りはああして歩いているんですよね。

北海道を離れた友人が「北海道の冬は夜明るいんだよね。」って言ってましたが、そうかも、って再認識です。春になると急に夜が暗くなった気がするの、毎年。雪がなくなったせいなんですよね。

一杯19円のコーヒーを飲みながら見てましたが、ちゃんと豆買ってきて挽いて淹れようかな、って痛烈に思いました。
[PR]
by dayu2004 | 2005-02-25 10:27 | テレビ・映画

救命病棟24時

先週の予告編で、「来週はかえで先生(松嶋菜々子)のウジウジ話なんだー。
なんか期待できないな。」なんて思って今週の放送に臨んだわけですが。

なんていうか、感動したー!ウジウジ悩んでいるように見えた予告編とは違って、かえで先生の悩みは深刻だったし、立ち直るシーンも感動的でした。
店が全壊した夫婦に「うちのアパートも全焼です」「うちのマンションは倒れた」っていう、大泉洋やメガネの医者の台詞の言い方やそれを言われた夫婦の表情とか、
ボランティアがけがして責任を感じる小栗旬くんや仲村トオルの表情とか、
もうなんか全部私の感動のツボにはまってしまい、最後なんて一人でポロポロ泣きながら見てましたね。
最初はいまいちのめり込めないのよね、このドラマって思ってたんですけど、ここ最近はとってもよくなってきたように感じます。
かえで先生の見ていた風景(岡山の田舎町の風景らしいですけど)がとっても綺麗で、あれを見たら本当に日常生活を普通に送っているのって幸せなんだなーって思いますよね。
(そこがツボなんだなあ。)

またね、声がいいですよね、売れている役者さんって。
松嶋菜々子ちゃんは「いい声」なのかどうかはわからないけど、そういうトーンで台詞を言うのか、って不思議な気分にさせられます。
江口洋介も個性的な声だし、大泉洋もいい声でした。
何と言っても蕎麦屋のご主人の役をやっていた山田辰夫さんの声は昔っから大好きなんですよねー。
大昔「すかんぴんウォーク」っていう吉川晃司の映画に出てたときからあの声の人に注目してました。
最近?では唯一好きな昼ドラの「はるちゃん」で番頭さんしてましたし、
「壬生義士伝」にも南部藩の使用人をしてましたが寡黙なのにい~い味を出してましたねー。

声がいい(っていうか個性的)っていうのは役者さんにとっては大切なことですよね。
大勢いる上大抵かっこよかったり可愛かったりする役者さんの中から、他の人と識別するためには声っていうのはけっこう重要なポイントですよね。
な~んてことも考えながら見てました。
[PR]
by dayu2004 | 2005-02-24 09:23 | テレビ・映画

アカデミー賞の余韻

自分語りをあまりに赤裸々にしてしまったのでそれがいちばん恥ずかしい・・・。

ま、そんなことはおいておいて。

アカデミー賞の授与式で最優秀助演男優賞をもらったオダギリジョーくんが、
壇上で「気持ち悪い。」と発言したことについて、けっこう反響が大きいようです。

続きを読む
[PR]
by dayu2004 | 2005-02-23 18:11 | テレビ・映画

おめでとうジョーくん!

日本アカデミー賞最優秀助演男優賞を獲得しましたね。
おめでとう、ジョーくん!すごいです。
プロフィールを紹介するコーナーで「新選組!」の斎藤一(しかも多分最終回のときの姿じゃないですか?)のときの姿が出てて、「うぎゃ!」って短く叫んでしまいました。そんなとこで喜んでどうする・・・。

ちなみに最優秀助演女優賞は長澤まさみちゃん。最近お気に入りです。
最優秀主演女優賞は鈴木京香さん。「新選組!」ではお梅さんでしたね。
最優秀主演男優賞は寺尾聡さん。「優しい時間」で長澤まさみちゃんと共演してます。
最優秀作品賞の「半落ち」はミステリーというより感動作品でしたね。

アカデミー賞、意外とおもしろかったです。日本映画も少し上り調子だそうで、これからもいい作品がたくさん出てくることを期待してます。
[PR]
by dayu2004 | 2005-02-18 22:51 | テレビ・映画

オダギリジョー!

今日は日本アカデミー賞。
オダギリジョーくんも助演男優賞の候補になってますね。あんまり賞とか興味ないんですが、今日はちょっと見てみようと思ってます。

不機嫌なジーン」だんだん見続けるのが苦痛になってきました。
長女のアカリがこのドラマを見ているのを横目にパソコンしまくる母。
「オダギリくんが出たら教えてねー。」次女のカズネも一緒に「教えてねー。」
中盤あたりで「おかあさん!出てるよ!」と言われ、テレビの前にダッシュで駆けつける私。
なのに・・・。え?これだけ?
で結局そこで見るのをやめました。もういいかな。というわけでこのドラマの感想はもう書けないと思います。

そんなオダギリ不足をちゃんと解消してくれているのは、今こちらの地方で再放送しているドラマ「天体観測」。
伊藤英明、坂口憲二、小雪、田畑智子、小西真奈美とともに我らが(?)ジョーくんも出演しています。3年くらい前にやっていたときは初回を見逃してそのまま見ないで終わっちゃったので、とっても気になってました。なんだか複雑な役ですが、饒舌なのに暗いジョーくんが楽しめてけっこう幸せです。やっぱりこの人はほんっとに表情がため息が出るほどにいいんですよね。
その再放送も来週で終わり。来週こそ「不機嫌なジーン」でオダギリ不足を補うしかないのかな、って思っていたら、その次にやるのは、なんと「ビギナー」でした。
こっちは熱くて元気なジョーくんが楽しめます。わーい、すっごく楽しみだ!
[PR]
by dayu2004 | 2005-02-18 19:24 | テレビ・映画

救命病棟24時

3週間くらい前だったかな、救命病棟見たあとにこちらの地方でもけっこう大きな地震がありました。ちょうどドラマの中で地震が起きたばっかりのこわ~い回だったせいか、グラっと来た瞬間に軽いパニックになってしまいました。私本当に突発事項に弱いんです。といっても大騒ぎするんじゃなくて、何していいのかわからずにボケッとしてしまうパニックなんですよねー。

今朝早くに関東地方で大きな地震がありましたね。関東にお住まいの方はご無事でしたか?「救命」のせいではないけど、あのドラマを見た人はパニックになりませんでしたか?「いよいよ来たか!」って思いませんでしたか?私は今朝のニュース見て心臓がバクバクしてしまいました。(弱っ!)

ドラマの内容なんですが、小島先生(松嶋菜々子)の婚約者(石黒賢)が突然死んじゃった、っていうのがメインの話なんですが、登場人物がそれぞれ直面するサブストーリーがなかなか面白かったです。
病院にやってきたボランティアが文句たらたらでリーダーをしていた小栗旬くんがぶんなぐってしまう。
避難所で売名行為とは言えあくせく働いていた国会議員の仲村トオルが、避難所の人たちに文句を言われカメラを前に爆発してしまう。
これまでの小栗くんのやる気のなさと仲村トオルのやる気満々さがなんだか癇に障るほどだったんですが、困難に直面して少しずつ変わって行くんですね。
特に仲村トオルは「パフォーマンス」を意識してかあまりにもオーバーな演技だったのですが、その事件からすごくナチュラルになってました。
救急車に乗り込む菜々子ちゃんを見て、ウチのだんなは「もう出番が終わり?だったら来週からどうしよう。」と真剣に心配していましたが(何が目的で見ているのか!>_<)、来週の予告見たら菜々子ちゃんイジケてる話だったので一応出番はあるみたい。でもその話引っ張りすぎるとつまんないからサラッと結果を出して欲しいです。

この地震ネタはいつまで続くんでしょうね。っていうか今更通常業務に戻しても、盛り上がらずに終わっちゃいますよね。
[PR]
by dayu2004 | 2005-02-16 08:42 | テレビ・映画