単細胞生活

<   2005年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧

小樽水族館にきてます

b0066130_18481985.jpg

「シャークテイル展」というのがやってて、出演した魚を個別展示してます。で先月映画を見に行った子供たちは大喜び。そのとき一人買い物していた私だけ「?」。

主人公のオスカー(ウィル・スミス、香取慎吾)はホンソメワケベラ。大きな魚の口の中に住んでてお掃除するやつです。
水だこが悪役だったようで、ウサ子はその水槽の前に行けません。
写真はケバケバのヒロイン?ローラのもとになる魚。ミノカサゴと言うらしいです。
びらびらしてて魚自体もケバイ。

ここの水族館でのお目当ては体長が3、4メートルくらいで体重が1トンあるというセイウチ。顔だけで1メートルくらいあります。愛想してくれてラブリーなの。

ピヨ子はアザラシにエサのホッケをやろうとして、じらしてたらカモメにホッケを盗られそうになってました。(^_^;)


[PR]
by dayu2004 | 2005-04-29 18:48

危険な女

この春小2になった次女(以下ウサ子とでもしておきます)は、典型的な内弁慶。
家ではそこそこ元気ですが、学校や外ではクラスでいちばん大人しい女の子。
長女(ピヨ子にしておこう^^;)がクラス一うるさいのとは完全に対照的。
そんなウサ子は実際はとっても危険な女なのです。

生まれたときから、死んでるかと思うほどおとなしくよく寝ているウサ子、
2歳くらいになっても口数も少ないし、決まった時間にごはんさえ食べさせておけばグズることもない。
かまってくれともあまり言わないので、ほぼほったらかしでした。

赤ちゃん時代の子育てはどんな仕事よりもハードです。
本当は片時も目を離しちゃいけないんです。
でも疲れて気づくと寝てたり、食事づくりに熱中しちゃったりしたこともよくありました。

台所にいて、フト気づくとウサ子がいない!ピヨ子は最高の子守のしまじろうのビデオに夢中。
「ウサちゃ~ん。」と言いながら、あっちこっち探します。
トイレにもいない。ベッドルームにもいない。
風呂場や押入れやクローゼットまで探すけどいない。
外に出た形跡もない。まさか!窓からおちたか?いや窓も開いてない。
外は豪雨です。ベランダにも水溜りができています。
おや、ベランダへの窓が開いている。
水遊びしてるのかと思いベランダを見てもその辺にはいません。
よ~く見ると、ベランダの排水溝から滝のように落ちてくる水を手にとり、それを口に運んでいたウサ子を発見!水遊びどころかほぼ荒行をしていました。

まだまだあるぞ!
[PR]
by dayu2004 | 2005-04-26 18:30 | むかしばなし

いい女ベスト10

exciteのTBテーマの「いい女」のほう、選ぶのを忘れてました。
(「いい男」はこちら
いい男ほどは興味がわかなかったというのが正直なところ。
単純に好きだな~、かわいいな~って思う有名人の女の人をあげてみた感じです。

・YUKI(ジュディ&マリー)
・SOWERU
・釈由美子(スタイルいい)
・天海祐希
・深津恵理
・坂井真紀
・YOU(おしゃれ)
・余貴美子
・篠原涼子
・原田知世(若い)

最後の方、ホント苦しい~。
きっと他にもいると思うんだけど、思い出せないんですよねー。
こうして見ると「美人」っていう美人はそんなに「いい」わけじゃないのかな。
夫の好きな松嶋菜々子や優香は可愛いとは思うけど「いい女」ではない気がする。
大塚愛ちゃんとか木村カエラちゃんとか好きなんですが、いい女というよりキュートなイメージ。

あんまり自己主張しないのに「自分」があるっていう感じの人が「いい女」かな?

あんまり「キライな芸能人」って男女ともにそういないのでとにかく選ぶのは一苦労です。
[PR]
by dayu2004 | 2005-04-24 17:54 | テレビ・映画

ボンヤリだゆうちゃん伝説

だゆうちゃんは子供のころからボンヤリしてました。
母に「お前の本当のお母さんは亀だよ。お前は海から拾ってきたんだよ。」と言われました。

幼稚園のとき廊下で寝転んでいて顔をふまれ、両側の鼻から鼻血が出ました。
同じく幼稚園のとき、ボヤ騒ぎがあり、ちっちゃくて一番前だったのに、気づいたら一人だけ全然違うところに避難していました。
先生はだゆうちゃんよりパニック起こしてました。
やっぱり幼稚園のとき、父の自転車の後ろに乗っていて(荷台しかないところに座ってた)、足を車輪の中につっこみ、くるぶしが削られてしまいました。(あとで再生してましたが)

学校へ入ってからのだゆうちゃんは?
[PR]
by dayu2004 | 2005-04-22 01:08 | むかしばなし

怒る客 パート2

本当はパート1よりこっちが書きたかったのです。

今度は怒った客より周りの客がみんなで怒っていた話。

つい数日前の日曜日、隣の市にある食料品まで売っているでっかいホームセンターに行きました。
隣の市と言っても車で15分くらい。なーんにもないところにポツっと建ってます。
(向かいに新聞社の工場があるのみ)
でも激コミ。みんなあちこちから車でやってきます。
本当に他に何もないところなのに道路も渋滞。広大な駐車場にはびっちりと車がとまってます。

子供は夫の実家に預け、夫と一緒に買出しです。夫はワイパーを買いにきました。
夫が屋上の駐車場でワイパーを外している間、初めてくるところなのに迷子になったらイヤですので、屋上のエレベータホールで夫をボケっと待っていました。
人の出入りが激しく、エレベータホールにはつねに人がいっぱい。

出て行く人はみんなでっかいカートにいっぱい買い物をして、それを駐車場のあちこちに放置しているようでした。
放置したカートを集めるのはエプロンをつけたおじいさんのお仕事。
寒い中外からたくさんのカートを集めて引っ張ってきます。
それを入り口から入れるとき、いちばん遠いカートが店に入ろうとしていたお客さんの一人に当たりました。
スキンヘッドにサングラスをした一見怖そうな30歳くらいの男です。
ですが服装は大変地味で、ヤクザ関係の人には見えません。

「おい!気をつけろ!」最初は小声で言いました。
「あ、どうもすみません。」おじいさんは軽く頭を下げて謝りました。
その様子をエレベータホールにいたたくさんの人が見ていました。みんな今まで話をしていたのをやめて見つめます。
おじいさんの謝り方が気に食わないのか、それとも大勢の人に急に注目を浴びたせいなのか、
その男は大声で怒鳴り始めました。
「気をつけろって言ってるんだよ!どこ見てんだ!え!何やってんだよ!」
弱々しそうなおじいさんを相手にいきがる男。
カートまでガンと蹴ったりしてます。おじいさんはぺこぺこ謝ります。
最後には深々と頭を下げていました。それでもずっと怒鳴り続ける男。

私も含めてみんなただ黙って見ているしかありません。とばっちりはイヤですから。
それにここで口を挟んだら男をもっと怒らせるでしょうし。
でもその大勢の人々の視線はものすごく冷たく、目が「バカじゃないの」と雄弁に語っています。
あんな目で見られるのは、私なら罵声を浴びせかけらるのよりずっとイヤです。
男はその視線を避けるように一度店外に出て行きました。
3分くらいしてエレベータホールの人が私以外みんな入れ替わると、再びあの男は入店してきました。
そのまま何もなかったように店内で買い物をしている姿を見かけました。

帰るとき、再びあのエレベータホールでそいつを見ました。
自分の車に乗り込むと、ウチの車の前を通っていきました。
ナンバープレートには関西地方の歴史あるあの憧れの都市の名前が。

ってことはもしかしてお坊さん?

そう思うと何だか急にやりきれない気持ちがしてきました。
[PR]
by dayu2004 | 2005-04-20 09:09 | 日常

怒る客

店員が横柄なのか、客がキレやすいのか・・・。最近店で店員に怒鳴っている客というのを続けて見たので、ちょっとどうなんだろう考えてみようかと。

1ヶ月くらい前でしょうか。札幌の副都心と呼ばれるところに大型のショッピングモールみたいのがあります。そこの大きなゲーセン(といっても子供用ですが)に軽食・喫茶ができるコーナーがあります。コーヒーとかたこやきとかポテトフライとかアイスとか。ちょっとしたカレーくらいならあったかも。お昼は込むんですね、だから昼は店員がいっぱい。
私が行ったときは昼すぎで店員が2人。頼んだアイスコーヒーがすぐには出てこないモタモタぶり。コーヒーもらって奥へ入ると、子供にゲームさせておいて休んでいた主人が、めずらしく飲み物だけで座っています。
「なんも食べないの?めずらしいんでしょ。」と言うと、
主人は「ポテト頼んだけど10分以上ずっと待ってるんだ。」とちょっと怒ってました。
店内はどっちかというと空いています。
店員はおばさんが一人何かを料理しているようですが、もう一人のお姉ちゃんは来た客の相手をしてジュースを出す以外はなんとなくウロウロしているようにしか見えません。

隣のテーブルにも4,5年生の男の子が一人で何もせずにじっと座っています。
そこへその子の母がきました。どこかへ買い物へ行っていたようです。
その母親は男の子にやっぱりフライドポテトを頼んだまま買い物へ行っていたようです。
「食べ終わったらゲームでもしていなさい。」と言い残して20分くらい経ってから戻ってきたようです。
てっきりゲームをしていると思っていたようで、一回り探した後のようでした。
行く前と同じ姿で座っている自分の息子の姿を一目見て、そのお母さんは状況を把握したようです。
そのまま調理のカウンターまで行き、最初は穏やかに、そのうち少しずつ声が大きくなってきました。
相手をしていたお姉ちゃんは見るからにおっとりしています。「すみませ~ん。」という言い方も本人が思っているほどには相手に伝わっていないようです。そのうち奥で料理していた人がチラっと様子を見にきて、奥へ行って責任者風の40歳くらいの女性と、50歳くらいのアルバイトの女性を連れて出てきました。応対したのはその50歳くらいの人だったらしく、結局オーダーをきちんと入れないまま奥へ引っ込んでしまったようでした。うちの夫のも入っていなかったみたいで、慌てて二人分のポテトを揚げています。
そのお母さんは店側の不手際で息子が寂しい思いをしたことが許せないのでしょうか?それともそんな重大な失敗しても別に「すみませ~ん。」と軽く言って、流しちゃえば済むかのような店員の態度が許せないのでしょうか。
事情がわかればわかるほど怒りがどんどん湧いてくるようで、広い店内に響き渡るような大声で怒鳴りちらしていました。
ポテトがあたらずじっとしていた男の子はさらに小さくなっています。

とにかくあんな怒っている若いお母さんを見るのは久々でした。夫も怒ってよさそうなものですが、他の人が怒ってくれると(というより自分より気の毒な子供がいると思うと)逆に落ち着いちゃったりしますよね。
[PR]
by dayu2004 | 2005-04-19 15:41 | 日常

「あなたが選ぶいい男・いい女ベスト10は?」

っていうのが今週のexciteのトラックバックのテーマなんです。
ヒマなんで考えてみましょう。

いい男10人(順不同)
・佐藤浩市
・江口洋介
・オダギリジョー
・谷原章介
・ヒルマン監督(日本ハム)
・ジョニー・デップ
・アントニオ・バンデラス
・岡田准一
・玉田圭司(柏レイソル)
・福山雅治

最後の方は苦しくなってきました。
「いい男」の条件は、
・やっぱりイケメンである。(背も高い方がいいか?)
・仕事に真剣である。(大抵テレビに出てる人はそうなんだろうけど)
・年より大人っぽい。(落ち着いている、というのかな?)
・色気がある。(これがイチバンでしょ!?)
って感じでしょうか。

ここに書いた人はもちろんみんな好きですが、書きながら「これはいい男じゃないけど好き♪」っていう人もたくさん思い出されて、自分の好みの幅広さに半ば呆れ気味です。
あとあんまりにも自分と年の離れている人は「いい男かどうか?」っていうことが判らないということにも気づきました。
大好きなSMAPのメンバーはやっぱりあんまり「いい男」ではないかな・・・。慎吾ちゃんが少しいい男かな?
(どうでもいいことを真剣に悩んでいて、本当にヒマですね私ってorz)

いい女はまたのちほど。^^;
[PR]
by dayu2004 | 2005-04-19 09:57 | テレビ・映画

TVブロスの好きな男ベスト100

やっぱり気になったんで購入してしまいました。
誰が入っているのかなー、って言うのが気になりまして。

1位が堺雅人さん、2位が高橋一生くん、3位が大蔵孝二さんという結果を見てもちょっとマニアックなのはわかりますね。ざーっとベスト20まで見ると、私も大好きな人ばかり入ってます。
ちなみにアイドルやイケメンはほとんど入ってませんが。

4位の寺島進さんは私も缶コーヒーの「金持ち兄弟」CMで最近ちょっと気になる人。
5位の佐々木蔵之介さんは前述したように声が好き。
10位の大泉洋は同郷人としては嬉しい気持ちでいっぱい。
あとは生瀬さん、谷原さん、岡田義徳くん、北村一輝さん、阿部サダヲさんと彼らが出ると思わずにやけてしまうような好きな俳優さんが20位までにランクインしてます。
(20位の勝地涼と言う方だけ知りませんでした。T_T)

キライな方を眺めてみると、ホリエモンとかキムタクとか保坂尚輝とかフミヤとか、とにかく自信満々な人がランクイン。そういう観点で見ると、好きな男は謙虚な感じの人ばかり。まあ要するに感じいい人のランキングなのかなって思ってしまいましたね。
ちなみに100位までの中に、ジャニーズはV6の岡田くんしか入ってません。っていうか岡田くんはジャニーズにしたら驚くほど感じがいいということか!?

というわけで気になるには気になったけど、やっぱだからってどうってことのないランキングでした。
ただ堺雅人さんが一位なのが、去年から突然ファンになったモノとしてもとっても嬉しいことではありますね。
[PR]
by dayu2004 | 2005-04-16 17:21 | 読書

「恋におちたら」VS.「アタックNO.1」

昨夜はチャンネル争いで大変でした。
娘が「アタックNO.1」を見ながら「夢で逢えたら」を録画してます。
私は10時から「恋におちたら」を見たい。「アタックNO.1」は初回で10分長いんです。
「もう10時だから寝なさい。」「やだ、見る。」「お母さんは10時からのドラマが見たいの!」
「私も見たい!」「明日起きられないから寝ろー!」
結局10時ぴったりにチャンネルを替えてやりました。
娘ははじかれたように子供部屋に走り、小さいテレビで「アタック~」の続きを見ていたようです。
(もう何してようがかまってられない。私は私の見たいものを見るのだ!)

ツヨシは「島男」って感じです。
山本耕史くんは幼馴染の魚屋です。けっこう目だってました。やっぱかっこいいです♪
木村佳乃ちゃんがツヨシの妹です。山本くんが惚れてるみたいです。
ハワイに行ったら松下奈緒ちゃんがいます。すっごく可愛い人です。
堤真一さんはサッカーチームを買ってました。ホリエモンというより三木谷さんぽい。
日本に戻ったらツヨシの工場はつぶれていて、谷原章介さんに会いました。
すっごくイヤミな役です。でもまたちょっと髪を伸ばしてて「ごくせん」のときより色っぽい。^^
ツヨシは警備員になって金田明夫さんの下で働きます。和久井えみちゃんに会いました。ぽ~っとしているようでとっても賢いという役みたいです。
金田さんと一緒に行った飲み屋のマスター?はさとえりです。

こういうの豪華キャストというんですか?何だかチョイ役っぽい人まですごい人が出てるという感じです。

堤さんの会社のHP(?)ではネットとサッカーの試合のテレビ中継とをコラボをしようとします。
ですが試合開始の直前にウィルスにやられてメタメタになってしまいます。
不審人物とされていた警備員の島男がそこをたまたま巡回して通りかかり、
ものすごい早業で修正してしまいます。
実は島男こそ、昔は学生にしてIT会社の社長のさきがけ的存在で、とっても有名な人だったのです。

という話です。
なんていうかハデな話です。今流行りっていうか時事問題を全部入れちゃう、みたいな感じ。
何年か前なら「こんなうそ臭い金持ち、ドラマでしかいないよ~」って思いそうなものですが、実在するんだからしょうがない。
でもドラマよりホンモノの方がやること派手だからなあ。そんなに「すげー」って思えないんです。
お金がない」ってドラマ、昔ありました。織田裕二の。
似ている展開ですが、向こうの方が会社も小規模、織田裕二にも特別の能力はないが人をひきつける魅力だけはものすごくある。それが成功していくというサクセスストーリー。
実は天才プログラマーだったツヨポンがIT起業家として成功して行く話は、なんだかあんまり現実味がありません。もともとすごい人が更にすごくなっちゃう話なんですか?

辛口になってしまったけど、見出したらやめられない感じです。うん、面白いです。

ちなみに「アタックNO.1」は早くいろんな嘘みたいな必殺技(というのか?)が見たいです。どうせやるならものすごくして欲しいなあ。
[PR]
by dayu2004 | 2005-04-15 20:44 | テレビ・映画

超運動不足主婦、ジムへ行く

今日はなんと、ここにもよく遊びにきてくれるハヤさんと二人でジムに行きました。
めちゃめちゃ近いのに(徒歩10分)、雨が降っていると言うことで車。
車だとぐるっと周らねばならず、多分歩くのと同じくらいの時間で辿りつきました。

ハヤさんは普段から運動をしているすごい人(それだけでめっちゃ尊敬)。
2回目の彼女についてジムの扉を開く私。

とりあえず血圧・体重・体脂肪などを測定。
体重はまあこんなものとして(でもかなり重い)、体脂肪にショックを受ける私。
ひどいです。体の3分の1弱は脂肪だってこと!?っていう数値。
トレーナーさんにもそこの数字にマルをつけられ、「がんばらないとね。」と言われました。T_T

まずストレッチ。運動不足の私にはこれだけでもかなり汗。
体のあちこちを伸ばすたびに「バキ」とか「ボキ」とかありえない音がします。

今度は自転車こぎ。一番軽いやつで低速で15分。うん、これは楽勝だった。
でも最後にはやっぱり汗が出ます。

それからいろんな器具を使って筋肉をつけます。
ハヤさんは次々と難しいやつをこなしていきます。ウェイト(おもり)も重め。
細い体には脂肪なんていう余計なものはほとんどありませんでしょう。
私はハヤさんの後に、いちいちウェイトを全部軽く設定しなおして、
丈の違いもかなりあるから座席も一回一回いちばん低くしてやります。
トレーナーさんに「フォームがいいですよ~」と笑いながら褒められます。
あと褒めるとこないですしね。
ハヤさんが背筋を鍛えているときにわざと面白い話をして腹筋も同時に鍛えさせてあげます。
親切でしょう?

最後はベルトコンベアみたいなやつを歩く器械。
30分も歩きます。隣ではハヤさんがたったった~と走りますが、私は歩きます。
でもこれ難しいんですよ。ただ歩くだけなのにコツをつかむまで10分は困っていました。
普段から足をひきずって歩いてしまう私。反対隣にいた奥様と同じくらいのスピードなのに、あっちの足音はダッダッダ。私の足音はズリッズリッズリ。
途中で「歩くとはどういうことか」と自問してしまい、ワケがわからなくて転びそうになりました。
慣れてくると意識が抜けて、歩きながら寝そうになります。
気づいたら長いベルトの一番後ろにいたりして。危ない危ない。
ちょっと小走りに前の方まできたら、手がバーにぶつかってその拍子に静電気がバチ!
目もしっかり覚めますが、驚いてまた転びそうになるし。
歩くのさえ下手ってどういうこと!?

終わってからは今度は止まった床の上を歩くのが困難に。
ヨロヨロしてたらまたトレーナーさんに苦笑されました。すいません、やかましくて。
もう一度ストレッチして終わりですが、既に筋肉痛が始まっていて、やるたびに「イテ」とか「ギャ」とか小さく叫びます。ハヤさんがそのたびにハハハと笑ってくれるのが救いでした。
終わってからもう一度体重計に乗ると、さっきより2%も体脂肪が下がっているではないですか!?
「わーい^^、体脂肪減った減った~!」と小躍りしていると、トレーナーさんに「いえ、その数値は体の中の水分によって違うので減ったからって別に喜んではいけません。次回の同じタイミングのと比べてみてください。」と釘をさされました。

「またきてくださいねー。」と言われましたが、本当に行っていいのでしょうか?
まあ迷惑かけないように、また来週も行きますよ。ね、ハヤさん、これに懲りずにまた行きましょうね。

帰宅して、とりあえずテレビをつけてソファに座りましたが、気づいたら30分くらい気を失っていたようです。実はヘトヘトでキーボードをうつために腕を上げているのが辛いのです。
[PR]
by dayu2004 | 2005-04-15 15:44 | 日常