単細胞生活

<   2005年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ハンゲーム

SEだった私ですが、キーボードのタイピングはかなり速いと思います。
もちろんブラインドタッチ。
手で書くのよりはもちろん速いし、会社にいたころは会議の議事録のかわりにワープロに打ち込んでいたりもしました。

当たり前ですが、上には上がいるし、「エンター部隊」と妹が命名していた入力のプロには全然敵いません、そんなレベルですが。
一般的にはちょっと速いかな、と。
毎日仕事で使っている夫よりは速いです。
いや仕事よりも私はブログに文章書きまくってるしね。

でもそのタイピングの女王の座を揺るがす存在が我家にいます。

10歳児ピヨ子のタイピングには驚きます。
教師やってる妹曰く、「うちの小学校にそんな子はいない。」
夫曰く、「オレとどっこいくらいになってきた。」
ドラマの「電車男」のネットの住人レベルです。
あのちっちゃい手でぱちぱちぱち~と軽やかにキーをたたく姿ははっきり言って気持ち悪い。

ローマ字は今学校で習ってますが、去年くらいからローマ字表を作ってパソコンの近くにぶらさげてはあります。
でもそんなの見てるの見たことないし。

「好きこそものの上手なれ。」を地で行ってるのかなと。
小さい頃からお手紙書くのが好き。
小さい頃から表を作ってならべるのが好き。
小さい頃から日記をつけるのが好き。
そんな彼女のはまったものは、ハンゲームという無料ゲームのポータルサイト。
登録料無料で会員登録(メルアドだけ必要)すると、ものすごくたくさんのゲームができます。
それだけじゃなく、会員同士でメール交換したり、公開できる日記(ブログというほどのものじゃない)もつけられます。
もちろん掲示板やチャット、サークルみたいなものなど遊ぼうと思えばいくらでもできます。
お金を出せばアバターもできます。
ピヨ子に許されているのは私がOKを出したゲーム。
ゲームも一人でできるものから、全然知らない人とできるものまで多種多彩。
全然知らない人とするゲームは、あんまりできなくても人に迷惑をかけないものに限定。
マージャンやオセロやカードゲームはダメ。
まちがい探しやビンゴなどルールの簡単なものに限ってます。
それと私とウサ子宛て限定のメールと、公開してコメントをもらっても安易によそのブログに行かないことが条件の日記の入力だけ。

最初の頃ゲームくらいしかしないだろうと油断してたら、
ゲームしながら、「私は小学4年生よ。」ってチャットしてたり、全然知らない人にメール出してみたりとやりたい放題。
一発カツを入れて危険性を教えてからは多分やってないと思います。
(他のことして遊んだら、お母さんにすぐにバレるようになってるんだからね、と言ってあります。←やり方知らないけど)

夕方、私が食事づくりに没頭(というより苦悩)しているとピヨ子は必ずパソコンに向かいます。
ハンゲームのサイトに行って、今日あったことを日記に書いているみたいです。
「今日はヤマハに行きました。」「今日は映画を見ました。」など簡単なものみたい。
でも顔文字や絵文字使ったり、文字色や文字の大きさ変えたりして、はっきり言ってここのブログよりは見やすいです。
(↑私は面倒なんですよねー。)

そのあとは私とウサ子に「何のテレビが好きですか?」「くだものは何が好きですか?」と幼稚園時代のお手紙と変わらない内容のメール。
一生懸命人差し指で返事をうつウサ子が気の毒なんですけどね。
それからワードにして、大塚愛ちゃんの新曲の歌詞を書いたり、アルバムの楽曲のタイトルをうってみたり。
そのあとはエクセルにして、持ってるぬいぐるみの名前と誕生日の表を作ったり、持ってる本のタイトルと作者名の表を作ったり。
時間が余ったら「もすかう」見たり、大塚愛ちゃんやちゃおのHPを眺めてます。

本当に趣味の延長で、書くことがただただ好き。書いてるうちにどんどん覚える。だからもっと好きになる。それだけなんだよね。
そうやって3、40分パソコンに向かったあと、寝る前に今度はえんぴつで友達に手紙を書いたり日記をつけたりしています。

「子どもとインターネット」はかなり問題視されてるみたいです。
今の状況に飽きたピヨ子がどうくるか。楽しみなような心配なような・・・。

ちなみにピヨ子、ハンゲームではゲームは何もしていないみたいです。
[PR]
by dayu2004 | 2005-09-29 21:21 | 家族

太蔵ちゃんに思うこと 2

「2」ってのはクミコフがHPで「太蔵ちゃんに思うこと」って書いてるから。
二番煎じの略です。

思ったことを自由に発言して怒られた杉村太蔵衆議院議員。
その発言とは。
「いちばん始めにしたのは国会議員の給料を調べたことですよ。2500万ですよ、2500万!」
「議員会館3LDKなんですよ!」
「JR乗り放題ですよ、しかも全部グリーン車!」
「靴下同じやつ10足買っちゃいますよ。」
「BMWに乗るのが夢だったんです。」
「棚からぼたもちは僕のためにあることわざです。」

正直、こんなに浮かれてる人初めて見ました。
あまりにもわかりやすい。嬉しかったんでしょうねー。
彼にとっては国会議員になったってことは宝くじに当たったのと同義だったんでしょうねー。

まあでもね、自分が置かれた立場なんてわかれって方が無理ですよね。
勉強不足というか、何にも知らない一般の人が選挙活動もろくにしないで議員になっちゃったとしたら、やっぱりみんなそういう感覚に陥るんでしょうね。

プロフィールを見ると、

「杉村太蔵…旭川出身。」
へえー北海道の人なのね。
「札幌藻岩高校のときテニスで国体優勝。」
藻岩なんだ!実家にも一人行ってた子がいるよ。
あそこは部活の盛んな市立高校なんです。運動系も文化系もなかなかなんだよね。
「筑波大学に6年在籍し中退。アルバイトに明け暮れる。」
そういう人いるいる。ウチの大学にもいっぱいいた。

こうして見ると、ああ北海道気質の奔放な人なんだなー、って思います。
ほーんと思うがままに生きてきたのね。
その上明るくて人懐っこくて、しかも表情が豊かで、人気者だったことがわかります。

記者会見も大したこと言ってないのに爆笑が起きてましたね。
要するにその表情と間のとりかたとで、何言っても面白い人なんだよね。
同じネタで漫才しても面白い人と面白くない人がいるような感じ。
小泉さんの劇場型選挙にぴったりの主役じゃないですか。ま、こっちも棚ぼただけど。
一般の人に受ける政治を目指してるんだったら、もっと好き勝手に発言させておけばいいのにね。
まあ小泉さんは喜んでるみたいだけど、麻生さんとか森さんとかものすごく怒ってるみたいでした。
森さんに怒られてもね。首相時代あんなに暴言吐きまくってたのに。

しかも彼は悪い事も間違ったことも言ってません。
人をバカにしたりもしてません。
片山さつきのあの上から見下したような官僚的発言に比べればとっても好印象なくらいです。

でも真剣に国政を思って立候補して、願いも虚しく落選した人にはあの発言はキツイんでしょうね。
本人も武部さんたちに怒られて、本当に反省したと思います。
ただあの顔芸と間のよさは変わらないでほしいな。

More
[PR]
by dayu2004 | 2005-09-28 14:09 | 非日常(社会?)

「チャーリーとチョコレート工場」

b0066130_16401734.jpg

週末に子どもを2人連れて見てきました。
珍しく、子どもの見たいものと、私の見たいものが一致しましたので。^^

正直、見るまでは子ども向きというか子ども騙しなのかなと思ってました。
でも見てみると、皮肉さ加減といい、アメリカンジョークといい、大人もかなり楽しめる内容になってました。
もちろん子どもたちには大受け。
大人も子どももあちこちで大爆笑してました。

なんてったってジョニー・デップがとってもキュート。
決してオーバーじゃないのに、表情がコロコロ変わって目が釘付け。
子どものような、老人のような、本当に不思議なキャラなんですが、ホントに魅力的です。

主人公のチャーリー(フレディ・ハイモア)はいい子というか、貧乏で家族思いの普通の子。
イヤミがなくて、自己主張をしないのに後ろから輝いている感じ。
フレディくんの謙虚な演技が何だかくすぐられるような感覚に。
一緒に工場に見学に行くおじいちゃん(デイビッド・ケリー)は子役に負けないくらい可愛い。
この2人の素朴な雰囲気と、工場のオーナー、ウィリー・ウォンカ(ジョニー・デップ)のハデハデでメチャクチャな雰囲気が、何故か絶妙にマッチしてるんですね。

原作はイギリスでは「ハリーポッター」「指輪物語」に次ぐ子どもに人気の物語だそうですが、
共通して言えるのは、みんなあんまり単純じゃない性格のキャラクターばかりですよね。
全員一筋縄でいかなそう。100%イイヒトがいないところもまたステキ。

「スパイキッズ」では笑わなくても(好きならしいけど)、「オースティンパワーズ」はバカ笑いするうちの娘たち。
久々にかなり笑った映画みたいで、とっても気に入っていました。
ちなみに周囲の人とは微妙に笑いのツボが違っていたみたいです。
[PR]
by dayu2004 | 2005-09-27 16:35 | テレビ・映画

「聞いていい?」

ウサ子の昨晩の寝言です。
真夜中に「キティ!?」って聞こえたけど、最近よくこう言うのでわかりました。

正直、かなりの放任主義です。
といえば聞こえはいいが(?)、単なるほったらかし。
ごはん作って食べさせている以外は、あんまり親から積極的なアプローチはなし。
時間割そろえるのも、宿題するのも1年生から子ども達のみでやらせてます。
忘れ物したら自分の責任。なのでかなり痛い目に遭ってるときもあります。
洋服も下着も、かなり小さいときから自分で選ばせていました。
靴を履くのもボタンを留めるのも、自分でやりたいと言った日から一切の手助けはなし。

こんな親に、子ども達は聞かれなくてもけっこうなんでも話します。
学校でのできごとや友達のこと。先生に怒られたことやかなり悪い事しちゃったことまで。

昨日なんてピヨ子、
「同じクラスのYったらね、ヘンなんだよ、『やめろ!』じゃなくて『やめて!』って言うの。」
「・・・Yくんに何、いやなことしたのさ。」
「う。(絶句)」

とまあこんな感じで、かなりバレバレのピヨ子さんですが、
ウサ子はというと、あんまり積極的に話してくれません。
だから宿題提出を忘れて自分でマルつけて机に隠したり、
後になってからバレて更に痛い目に遭います。

同じようにピヨ子はこっちが何してようとお構いなしにしゃべりかけてきますが、
ウサ子は必ず「聞いていい?」って言いながら、話しかけてきます。
パソコンでPTA用に文書とかを作っているときにピヨ子に話しかけられると、
かなりの確率で私は切れます。
「うるさい!集中できない!今その話しなくていいでしょ?あとにして!」
ひどい親だな・・・。
でもウサ子に恐る恐る「お母さん、聞いていい?」って聞かれるとダメっていいにくい。
ダメならダメであとから「さっきの何?」って聞けるし。
下の子の要領のよさなんでしょうか。

寝言でまで言うなんて、理由があるよね。
私がかなり忙しいから。
って反省するも、明け方4時半にピヨ子が
「ギャー!耳が痛いー!!」と叫んで起こされました。
中耳炎のようです。熱もあります。
「痛いよー、痛くて眠れないよー。助けてよー。」とずっと言ってました。
やっぱりね、忙しいときに限って絶対眠らせてもらえないものなのよね。
1時に寝て1時半にウサ子の寝言で起こされ、4時半起き。
反省するにはあまりにも過酷だ。
[PR]
by dayu2004 | 2005-09-26 10:07 | 家族

「杖と翼」

杖と翼 6 (6)
木原 敏江 / 小学館






木原敏江の「最後の長編」といわれているコミックです。
6巻で完結。
18世紀末のフランス。フランス革命のお話です。
ちょうど「ベルサイユのバラ」の最後の方とかぶってて、
「ベルバラ」が革命を起こされる側だとすると、こっちは革命する側から見てます。

若くて美しい議員サン・ジュストが主人公の一人。通称レオン。
冷徹で、国王の処刑を決定付けた演説をしたことから「死の大天使」と呼ばれてます。
もうずうううっと見ていたいくらいの美形。
木原さんの描くキャラクターはいつもいくつかの種類があって、それがまたファンには嬉しいんですよね。
レオンは「摩利と新吾」で言うと摩利系。
「天まであがれ」では土方歳三かな。その路線の中でも今まででいちばん綺麗な男かも。

リュウという恐らく架空の人物が新吾系で、主人公のふわふわ美少女のアデルも二人の中で揺れ動く。
というか、二人とも好き!ってとこがいかにも木原さんチック。
確かに私もアデルなら選択に迷うなあ。(アデルなら・・・って思うところが怪しい)

主人公集団が超美形なのに対して、ワキを固めるロベスピエール他おじさん連中はもうものすごいブサイクキャラばかり。
ある意味、それがまたクセになりそうな感じなんだけど。
リュウの仲間、ファーブル(ファーブルも超美形)の姉さんなんてありえない感じなんだけど、最後にはなんだかかわいく見えてきちゃうところがスゴイ。

フランス革命ってけっこう残虐で、思わず目を背けるようなシーンばかり。
ギロチン、子供の頃「ベルバラ」読んで、ホント怖かったよなあって思い出したくらい、ギロチンだらけ。
でもフワフワ主人公のおかげで救われます。
最後の長編と言ってしまうには惜しいくらい、ドキドキわくわくしながら全編一気に読めます。
[PR]
by dayu2004 | 2005-09-21 09:33 | 読書

「欲しいものがあるの。」

10歳ピヨ子が突然改まって言いました。

「お母さん、ピヨ子、バッグが欲しいの。」
「ん?何?ピアノのバッグなら買わないよ。6年生まで使う約束だよ。」
「ううん、違うの!普段お買い物とかに行くときのバッグ。」
「この前ジャスコで買ったでしょ。」
「違う!ブランドのバッグが欲しいの!?」
「ブランドって何?メゾピアノとか?やだよ、高いのに。」
「違う!あのね、手を持つところが鎖でね、生地に糸でこう、格子になってて・・・。
マークのところにCとCの反対がくっついてる・・・。」
「シャネル!?シャネルのバッグが欲しいの!?」
「シャネルって言うの?そう、あ、これ(ネットで検索して見つける)!
 可愛いよね、すっごく。ね?これ買って、お母さん。」

「・・・大人になって自分で働いて買いなさい。」

お母さんも欲しいです。いや、やっぱりいらないです。そんな金あったら旅行に行きたいし。
あれって子どもが見ても可愛いんでしょうか?

「こっちでもいいよ。このいっぱい字の書いてある・・・。」
「ヴィトンかい!」

クロエのバッグも可愛いんだそう。あとはいまいちなんだって。
どういう感性の持ち主なんだ・・・。
[PR]
by dayu2004 | 2005-09-20 09:01 | 家族

日本ハムVS楽天

b0066130_262131.jpg


野球見にドームに行ってきました。ちなみに↑は3日くらい前のドーム。
夕日が綺麗だったので撮ってみました。
本日は雨です。

b0066130_273326.jpg


ピッチャーは鎌倉。最近お気に入りです。
でもガンガン打たれてました。つながりが悪くて助かったけど。

小笠原もホームラン打ったし、新庄もタイムリー打ったし、みんな大喜びでした。
まだプレーオフを諦めてないファンがどっさり来てました。
内外野自由席にはほとんど空席がないくらい。

6-2で勝って満喫しました。

ちなみに明日はダルビッシュVS一場。(ていうか日付はもう今日だけど)
正直言って明日にすればよかったかと。^^;
[PR]
by dayu2004 | 2005-09-18 02:10 | スポーツ

37.8℃

微熱ですか?高熱ですか?

ウサ子の体温です、ただいまずっとこんな感じ。
どうやら急に寒くなってきたので、アレルギー性鼻炎が出てきたらしい。
これ、放っておくと、必ず喘息の発作を起こします。
1年に1度の恒例行事、喘息の発作で夜中までやってる小児科に走ること。

今年はやっぱり暑いらしくて、毎年は8月の夏休み中になるのに少し遅い。
休み中なら別に夜だろうが、明け方だろうが、いくらでも車飛ばすんです。
休み明けても、私も大抵ヒマにしてるんで学校も休んでくれて全然構わないんですけどね。

でも今年は暑いってだけじゃなく、私が忙しい。
もうすぐ学校で先生を呼んで講演会をします。その責任者になっちゃた私(しかもクジで)。
アポ取ったり、先生に会いに行ったり、アンケート取って資料作ったり、
会の進行考えたり、セッティングしたり、校長に挨拶お願いしたりと色々と仕事はあるわけですが、まあ細かいことなんかは他の人がやってくれるとしても、大まかな流れとかは私の仕事なんですね。
やればやるほど仕事が出てくる。
しかも人前で喋ったり、人に仕事をふったり、それをまとめたりするのは大の苦手だということが改めてよくわかったんです。
一度にいろんなこともできないし。己の能力のなさを痛感したわけね。
縁の下的仕事ならいくらでもします。パソコンでなんか作ったりするのは全然苦じゃありません。

でもやらなくちゃ。人に仕事をふるよう役割分担しなくっちゃ。
役割分担をする大事な会議のあるその日の朝、起きて来たウサ子を見て愕然。
鼻水を大量に出して、胸もひゅーひゅー言ってるんです。
体温は37.8℃。
平熱の低い(35.5℃前後)私なら死んでますが、ウサ子の平熱は37.2℃。
う、微妙だ。
38℃ならさすがに即病院ですが、37.6℃でもインフルエンザの予防接種したウサ子ですよ。

悩みます。このまま放っておけば確実に夜に発作が起きるでしょう。
その前に5時間目の体育で発作を起こすかもしれません。
かといって、ここで会議を休んでしまっては集まってくれたみんながすることがない。
それどころか、ふるはずの仕事を全て一人でやらなくちゃならないかもしれません。
もう一回会議を改めてするヒマも場所もありません。今日しかないのだ!!

どうなる、ウサ子!?
[PR]
by dayu2004 | 2005-09-14 23:04 | 家族

キタグニジョー

b0066130_1315614.jpg
オダギリジョーではない。^^;
今週の日曜日、選挙に行く前に札幌競馬場に行ってきました。
今年2回目。
キタグニジョーはそのとき出てた馬の名前なんです。





その日のお目当ては「安田大サーカス」。
レースとレースの間に(昼は少し長い)コントをやりにきました。
なんせウサ子はヒロくんの大ファン。
朝からソワソワして「早く行こう!」とうるさかったくらい。
(ちなみにピヨ子は前日に来たレイザーラモンHGの方が好き。
でも用事があっていけませんでした。)

スタンド前の特設ステージの前はかなりの大観衆。
後ろの方まで聞こえているのか、なんとなくやりづらそうな安田大サーカス。
いつもと同じギャグを言っても、ウサ子大受け。
こんなときは周囲を気にせずゲラゲラバカ笑いしまくってました。
ピヨ子は始まる直前に目の前に子連れの家族がきて膝立ちしてみてるんで、
「見えない!」とずっと怒ってました。
ついでにそこの子どもは「写真撮影はしないでください。」といわれているにも関わらず、
バシバシケータイで写真とりまくってるので、それもピヨ子には気に食わない。
「写真ダメなんだよねー。この人写真撮ってるよー。」と大声出すも、無視されてました。
「ダメなんだから、ウチは写真は撮らないようにしよう。
ダメって言われてもやっちゃう人のことは仕方ないから放っておきなさい。」とたしなめました。

まあ、そんなこんなで安田大サーカスも終わったあとは、
とりあえずメインレースまで買ったわけです。
子どもたちはコースの真ん中にあるけっこう充実した公園(パットゴルフやテニスコートまである)で、いっくらでも遊んでます。

親は芝生にレジャーシートひいて、スポーツ新聞見ながら適当に予想をたてる。
ほんとによくわかんないし、未勝利戦や新馬戦なんていったらデータもろくにないし。
100%カンです。いつもそう。
あるレースでこの、「キタグニジョー」という名前の馬を発見しました。
おお、いい名前だ。ってんで勿論チェック。もう一頭はカンでこいつ、って決めました。
ブローザウィンド、キタグニジョーになんとなく合ってる名前。
キタグニジョー4枠の4番、ブローザウィンド2枠の2番。
馬連(馬を2頭選んでその2頭が1位と2位を取ればOK)で2-4を賭けてレースを待ちます。

賭けてみから、実はかなり人気の組み合わせだと気づきました。
なんだ、当たっても大した額にはなりません。
でも応援する私。「ジョーがんばれー!」まだ小声です。
ジョー、出走直後からガンバリます。お、速い!いい感じ。
隣のお兄さんも「いいぞ、こい、キタグニジョー」と興奮ぎみ。
4Rを周るころ、2番の馬も上がってきました。
お、いい感じだ。2-4きそうだ。くるかくるか!?
「いけー!ジョー!」大声で叫んでます。周りなんかおかまいなし。

ところが私の目の前あたりになって、急に9番のファイアーバレーが出てきました。
そのまま前の2頭を追い越して1着でゴール!
え?
なんと単勝(1等の馬を選ぶ)で5000円以上つく高配当。
馬連4-9は9960円!ほぼ万馬券ではないか!
ファイアーバレーはピンとこなかったなあ。もうがっかり。

すべてこんな感じで、全部惜しい。でもひとつも当たりません。
カンが微妙にいいのがまた悲しい。
1レース一人1予想、100円ずつ。子どもたちはメインレースのみ。
1800円使いましたが、外れました。
天気のいい日に真剣に走る馬が見れる公園に行ったという感じです。
[PR]
by dayu2004 | 2005-09-13 13:09 | スポーツ

ピヨ子とウサ子

兄弟を比べちゃいけません、とよくいいますが、どうしても比べてしまうのが親の悲しいところ。
でもウチの娘達はあまりにもタイプが違うんで、比べようがない。

           ピヨ子(小4)    vs    ウサ子(小2)

得意教科     国語               算数・体育
苦手教科     算数・体育           国語
クラスの中で   一番うるさい          一番おとなしい
交友関係     会ったときから友達      人見知り
友達と       誰でもいいから遊ぶ     仲良しの人としか遊ばない
人前        緊張する            緊張しない
趣味        読書・パソコン         ゲーム・人形遊び
好み        面白い人            かっこいい人
お菓子       ケーキ・チョコパイ      ポテチ・ポップコーン・ラムネ
食事        ごはん・パン派         おかず派
病気の治し方   寝て治す           食べて治す
飲み物       牛乳好き・炭酸は苦手   お茶・コーラ
動物        好きですぐ触る        絶対触らない
洋服        黒い服・ヒラヒラ好き     スポーティーでカラフルな服が好き
口寂しい時    ないほど喋ってる       何でもいいから食べたい
新しいこと     なんでもやってみたい   できればやりたくない
好きな食べ物  カレー・グラタン        オムレツ・ハンバーグ・ラーメン
嫌いな食べ物  ラーメン・卵類         カレー
食べられる野菜 フキ・切干大根・ひじき    なんでもOK
愛称        みんなから名前呼び捨て  みんなから「ちゃん」づけ
手先        器用               超不器用
目立ち度     人と変わったことをしたい   みんなと同じことをしたい


同じに育てているはずなのに・・・。おかしいなあ。

好みも全く違うけど、得意な教科や友達と接する態度まで正反対です。
ピヨ子は相手してくれるなら、年寄りから小さい子まで誰でもいいし、
もちろん虫から馬まで動物でもOK。
ウサ子は信用できる人としか話しないし、動物には近づかない。


先日、講演を依頼しに行ってお会いした先生に次のように言われました。
お子さんをお持ちの方、やってみてください。

「自分の子どもがどんな子どもか、いくつか箇条書きにしてみてください。」

「悪いことばかり書いてませんか?いいことも探して書いてください。」

「いいところだけを褒めて、そこを伸ばせるように協力してあげてください。」

「悪いところは目をつぶってください。」


先生、おしゃべりなのはいい事ですか、悪い事ですか?
[PR]
by dayu2004 | 2005-09-10 09:50 | 家族